@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カニクイザル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カニクイザル
Macaca irus; crab-eating macaque
霊長目オナガザル科。体長約 50cm,尾長約 50cm。体色は黄褐色。体はがんじょうで,頭頂には短い毛冠がある。 10~50頭の群れをつくって低地林にすむが,水辺にもみられる。カニ,貝類,果実などを食べる。東南アジアに分布し,日本には実験用,愛玩用として多く輸入される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

カニクイザル
かにくいざる / 蟹食猿
crab-eating monkey
[学] Macaca fascicularis

哺乳(ほにゅう)綱霊長目オナガザル科の動物。インドシナ半島南部、マレー半島、およびスラウェシ(セレベス)島を除く東南アジアの島々に分布する。体長40~65センチメートル、尾長45~65センチメートル、体重4~8キログラムで、体毛や顔の色には地方差が著しい。海岸近くの低地林を好み、とくにマングローブ林に多くすむ。木の実や葉など植物性食物を中心に、昆虫、カニ、クモなども食べる。20~70頭の複雄群をつくり、雄の間には直線的な順位がある。飼育下の群れでは、雄の間の順位の変動に伴い新たに第1位についた雄が、新生子をかみ殺すという例が知られている。ポリオワクチンの製造などのほか、医学の実験動物としてよく用いられる。

[川中健二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カニクイザル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カニクイザルの関連情報

関連キーワード

ナマズヒガンバナ(彼岸花)ベーカー=ナン・カメラミズカンナワオキツネザルワサビダイコン(山葵大根)カザリドリ層別刈取法ソクシンラン(束心蘭)平板測量

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation