@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カニング

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カニング
Canning, Charles John, Earl Canning
[生]1812.12.14. ロンドン
[没]1862.6.17. ロンドン
イギリスの政治家,インド初代副王。 G.カニングの3男。 1836年下院議員となり,41年外務次官,56年インド総督に就した。着任直後の 57年インド大反乱が起り,58年夏にはその鎮圧に成功。同年8月インド統治改善法が発布され,インド統治はイギリス東インド会社からイギリス王室の手に移り,カニングは初代副王とされた。 59年伯爵を授けられる。反乱反省から,彼は各種の改革に着手し,軍隊の再編成,財政再建のための新税制の導入,小作人保護のための地代法の制定,裁判所機構の改組などを行なった。また 61年の参事会法によりインド人に官界への道を開くなど,親英層の育成に努めた。 62年退官。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カニング
Canning, George
[生]1770.4.11. ロンドン
[没]1827.8.8. ロンドン
イギリスの政治家。 1793~1827年下院議員。ピット (小)政策を支持,1796~99年外務次官。 1807~09年ポートランド公内閣の外相。 16~21年リバプール伯内閣のインド監督局総裁。カスルレー (子)のあとをうけて再度外相 (1822~27) となり,神聖同盟の反動的な動きから離れた外交政策展開ラテンアメリカ諸国の民族主義運動には不干渉策をとり,23年旧スペイン領諸国の独立承認ギリシアトルコに対する抵抗やポルトガル民主派の活動など,ヨーロッパ内の自由主義的な動きを支援した。内政では自由貿易支持,W.ハスキソンと協力して穀物法緩和に努力。議会改革には反対したが,自由主義的な彼の政治姿勢はホイッグ党からも支持を得た。 27年4月首相。まもなく病没

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カニング(George Canning)
[1770~1827]英国政治家各国国民主権民族自決の運動を支援、ウィーン反動体制に抵抗した。1827年、首相となるが4か月後に病

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カニング【George Canning】
1770‐1827
イギリスの政治家。イートンオックスフォードを経て,1794年代議士に当選,トーリー党に属した。すでに学生時代から才気煥発,雄弁をもって聞こえたが,議会にはいってからはピットに認められ,外務次官(1796‐99),海軍主計長官(1804‐06)などを歴任後,37歳でポートランド内閣の外相となり(1807),ナポレオン戦争遂行の任に当たった。だが,陸軍・植民相のカースルレーとうまくゆかず辞任し,彼と決闘して軽傷を負った(1810)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

カニング【George Canning】
1770~1827 イギリスの政治家。外相として自由主義外交を展開、中南米諸国やギリシャの独立を支援し、ウィーン体制に対抗。1827年首相。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

カニング
生年月日:1812年12月14日
イギリスの政治家
1862年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カニング
(George Canning ジョージ━) イギリスの政治家。トーリー党に属し、インド相、外相などを経たのち、首相に就任。ウィーン体制に抵抗し、また自由貿易を唱えた。(一七七〇‐一八二七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

カニング
George Canning
1770〜1827
イギリスの政治家。トーリー党
外相としてナポレオンに対抗。1822年,カスルレーのあとをうけ再び外相となると,ウィーン体制に対抗して神聖同盟に反対し,自由主義外交の立場からモンロー主義を支持してラテンアメリカの独立を承認,ギリシアの独立を支援した。トーリー党内に進歩的カニング派を形成し,1827年には首相となる。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カニング」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カニングの関連情報

関連キーワード

第2次英米戦争第2次英米戦争ウィリアムズゴンチャロフティツィング赤尾丹治ゴンチャロフティチングチャイルド・ハロルドの遍歴ピール

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation