@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カヌリ族【カヌリぞく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カヌリ族
カヌリぞく
Kanuri
ナイジェリア北東部のボルヌ地方からチャド湖西岸にかけて住む長身の黒人民族。人口約 400万と推定される。言語はナイロ=サハラ語族カヌリ語を話す。 11世紀以来イスラム教徒で「マリカイト法典」を重んじ,16世紀にはボルヌ帝国を栄えさせた。農耕民であるが商業にも通じ,交易都市マイドゥグリはその中心地。社会は階級化され,祭政を握るシェフ一家が王家を形成し,さらに貴族階級がある。大部分平民であるが,植民地化されるまでは奴隷階級もあった。親族集団は重要ではなく,富裕な上層世帯主が多くの人々の中心となる。一夫多妻制で4人まで妻をもつ。妻たちはそれぞれの家をもち,1つの屋敷内に住む。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かぬりぞく【カヌリ族】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

カヌリ族」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カヌリ族の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation