@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カヌート

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カヌート
Canute(Knud), the Great
[生]995.2.3.
[没]1035.11.12.
デンマーク王 (在位 1014~35) ,イングランド王 (在位 16~35) ,ノルウェー王 (在位 28~35) 。クヌート,「大王」とも呼ばれる。父のデンマーク王スウェイン1世とともにイングランドへの侵入を繰返した。イングランド王アゼルレッド2世暗殺 (16) により事実上の支配者となり,同王の妃エマと結婚 (17) ,王選立権をもつ賢人会議によって,正式のイングランド王となった (17) 。兄の死 (18/9) によって単独のデンマーク王となり,ノルウェーを征服して短期間ながらノルウェー王として承認された (28) 。スウェーデンの一部を含む大アングロ・スカンジナビア王国を創建した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

カヌート【Canute】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

カヌート
Canut
995ごろ〜1035
イングランドを征服したデーン(ノルマン)人の王
デンマークの王子の生まれ。イングランドに侵入し,1015年ほぼ全土を占領。翌年アングロサクソン諸侯に推されてイングランド王(在位1016〜35)となり,デーン朝創始,1018年兄の死でデンマーク王(在位1018〜35)を兼ねた。のち,ノルウェー・スウェーデンの一部を征服して北欧における一大海上帝国をつくり,イングランドに航海民族の伝統を導入したが,彼の死後統一解した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カヌート(Canute)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カヌート」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カヌートの関連情報

関連キーワード

クヌートクヌート長徳クヌット[2世]ハロルド1世ウィリアム(1世)人工林クヌート1世藤原道兼

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation