@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カノン【かのん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

カノン(音楽用語)
かのん
canon 英語 フランス語
Kanonドイツ語
音楽用語。「規範」を意味するギリシア語に由来し、もっとも厳格な模倣対位法様式による作曲技法をさす。この意味でのカノンは二つ以上の声部から成り立ち、1声部(先行声部)の旋律を他の声部(後続声部)が厳格に模倣してともに進むもので、いわゆる輪唱はもっとも単純なカノンの一種である。声部の数により2声カノン、3声カノンのように表示されるほか、先行声部と後続声部との音程関係により、5度のカノン、8度のカノンなどとよばれる。カノンには後続声部の模倣の仕方によってさまざまな種類がある。単独で、あるいは組み合わせて楽曲全体またはその一部に用いられる。
(1)平行カノン 直行カノンともよばれ、後続声部は先行声部を一定の音程間隔でそのまま模倣する。
(2)反行カノン 先行声部の旋律を上下に転回して模倣するもので、転回カノンともいわれる。
(3)逆行カノン 後続声部は先行声部の旋律を末尾から最初へ逆行して模倣する。
(4)拡大カノン・縮小カノン 先行声部の旋律の各音符を一定の比例で拡大または縮小して模倣する。
(5)螺旋(らせん)カノン 直行カノンの一種。後続諸声部が次々に転調を続けていくもので、圏カノンまたは循環カノンともいう。
(6)群カノン 二つ以上の先行声部が同時に始まり、後続声部がそれらを同時に模倣する。先行声部の数によって二重カノン、三重カノンなどとよび、これに対して先行声部が一つの場合をとくに単純カノンということがある。
(7)無限カノン カノンの終わりがまた冒頭につながり、模倣が続いていくもので、輪唱もこの一種である。これに対して終止部をもつ場合を有限カノンという。
(8)混合カノン 模倣に加わらない付加的声部をもつもの。
(9)謎(なぞ)カノン 先行声部のみが記され、後続声部の入り方や模倣の方法は謎のようなことばや記号で指示されている。
 音楽史においてはカノンの手法はすでに12世紀にみられるが、15世紀から16世紀中葉にかけてのフランドル楽派において非常に発達し、たとえばオケゲム作といわれる『デオ・グラツィアース』は36声のカノンである。バロック時代には、J・S・バッハの『音楽の捧(ささ)げ物』(BWV1079)や『フーガの技法』(BWV1080)などの作品において、カノンはふたたび技法的および芸術的高みに達し、その後ハイドンやモーツァルト、ベートーベンやブラームスらもこの手法を作品に用いている。また、現代音楽でもカノンは重要な作曲技法の一つである。[寺本まり子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カノン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カノンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation