@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カノーバ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カノーバ
Canova, Antonio
[生]1757.11.1. ベネチア,ポッサーニョ
[没]1822.10.13. ベネチア
イタリアの彫刻家。ベネチアで修業。 1779年,『ダエダルスとイカルス』 (ベネチア,コレル美術館) を制作したのちローマに行き,『テセウスとミノタウルス』 (1782,ロンドン,ロンドンデリー卿コレクション) ,『教皇クレメンス 13世の記念碑』 (87~92,サン・ピエトロ大聖堂) などを制作。 B.トルバルセンと並ぶ新古典主義の代表的彫刻家として大きな名声を得る。 98年ウィーンに行き,1802年にはナポレオン1世に招かれてパリにおもむき,裸体の大理石像『ナポレオン像』 (1802~10,ロンドン,アスプレイ・ハウス) ,『ポリーヌ・ボルゲーゼの像』 (05,ローマ,ボルゲーゼ美術館) などを制作し,フランス美術に大きな影響を与えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カノーバ(Antonio Canova)
[1757~1822]イタリア彫刻家。古代彫刻を研究・模倣し、新古典主義代表者となる。作「ナポレオン裸」「パオリーナ‐ボルゲーゼ像」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カノーバ【Antonio Canova】
1757‐1822
イタリアの新古典主義の彫刻家。ベネチア近くのポッサーニョに生まれる。1781年以後ローマで,ウィンケルマンメングスの新古典主義理論に触れ,モニュメンタルな作品を作る。1802年パリに呼ばれ,ナポレオンの像を残す。みがきあげた大理石の面を強調し,肉付けの厳密さよりも,線の流麗さを好む。ウードンに比べてもいささか作為性に富み,情緒性のあるポーズで古典的な主題を彫り出すこともある。その意味では来るべきロマン主義の特徴を予告している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

カノーバ【Antonio Canova】
1757~1822 イタリアの彫刻家。古代彫刻に範を求めた形式的な新古典主義の代表者。ナポレオンに心酔しその彫像を制作した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

カノーバ
かのーば
Antonio Canova
(1757―1822)
イタリアの新古典主義の彫刻家。ベネト地方のポッサーニョに生まれる。1768年、パニャーノの彫刻家ジュゼッペ・ベルナルディ(通称トルレッティ)に入門し、同年ないし翌年、師とともにベネチアに赴く。73年の師の没後も数年間ベネチアにとどまって活動し、この時期の作品に『ダイダロスとイカロス』(1778・ベネチア・コルレール美術館)がある。79年ローマ、ナポリ、ポンペイ、パエストゥムなどを訪れ、80年ベネチアに帰るが、翌年ふたたびローマに旅立ち、以後生涯を通じてローマを中心的活動の場とした。
 彼の様式形成に関与して力のあったものの一つに、凡庸な画家ながら優れた知識人であったスコットランド人、ガビン・ハミルトンによる古代美術への手引きがあったと思われる。教皇クレメンス14世墓碑彫刻(1783~87・サンティ・アポストリ聖堂)は彼の名声を不動のものとし、そのほか『アモールとプシュケ』(1787~93・ルーブル美術館)など古代的主題の作品をはじめ、『マリア・クリスティーナの墓碑』(1798~1805・ウィーン、聖アウグスティヌス修道会聖堂)、そのほか数多くの貴顕の肖像を制作した。さらにナポレオンの巨大な裸像(1810・ロンドン、アプスレイ・ハウス)、およびその妹パオリーナの半裸像(1805・ボルゲーゼ美術館)など、ナポレオンとその家族の肖像彫刻などもつくっている。
 彼の作品は、抑制された、ほとんど無感動な表情、単純化された清楚(せいそ)な面処理、平面的な結構などを特色としている。ポッサーニョには、彼の生家に隣接して石膏(せっこう)塑形陳列館があり、多数の習作塑像が保存されている。今日のカノーバに対する評価は、生前この芸術家が受けた美術史上まれにみるほどの高い評価には及ばない。[西山重徳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カノーバ
(Antonio Canova アントニオ━) イタリアの彫刻家。バロックやロココ芸術に反対し、新古典主義を代表した。作品「アモールとプシュケー」。(一七五七‐一八二二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カノーバ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カノーバの関連情報

関連キーワード

プラッシーの戦白粒岩怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)クライブロスバハの戦いまぶ鳥人幸吉異素六帖大槻玄沢

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation