@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カピトリーニ美術館【カピトリーニびじゅつかん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カピトリーニ美術館
カピトリーニびじゅつかん
Musei Capitolini
イタリア,ローマカピトリーノの丘に建つコンセルバトーリ宮内にある市立美術館の総称カンピドリオ広場を挟んで向かい合うパラッツォ・コンセルバトーリ(コンセルバトーリ美術館)とパラッツォ・ヌオーボ(カピトリーノ美術館)を中心に,計五つの美術館からなる。公的なコレクションとしてはイタリア最古のものとされ,その歴史は 15世紀にさかのぼり,代々の教皇のコレクションを母体とする。1734年に教皇クレメンス12世によって,まずカピトリーノ美術館の一般公開が開始された。所蔵品は古代美術が中心で,有名な『カピトリーノのビーナス』『瀕死のガラテア人』をはじめ,『とげを抜く少年』(スピナリオ),『カピトリーノの雌狼』などがある。なお,美術館前の広場と両パラッツォのファサードミケランジェロの設計になり,広場の中央には古代ローマの『マルクス・アウレリウス騎馬像』が立っている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カピトリーニ美術館」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カピトリーニ美術館の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation