@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カフカス[山脈]【カフカス】

世界大百科事典 第2版

カフカス[山脈]【Bol’shoi Kavkaz】
黒海とカスピ海の間につらなる山脈で,ロシアでは〈大カフカス山脈〉と呼び,約300km南方にある〈小カフカス山脈〉と区別している。歴史的にはアジアとヨーロッパの境界とされてきた山脈で,北側はロシア領,南側はグルジア領,アゼルバイジャン領となる。長さ1200km,最大幅180km,平行する何列かの山脈からなる。最高部は分水嶺山脈と,その北に平行して走るボコボイ山脈で,ともに標高5000mを超えるをいくつか持つ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

カフカス[山脈]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カフカス[山脈]の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation