@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カプセル剤【カプセルざい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カプセル剤
カプセルざい
capsule
粉末,顆粒液状または糊状医薬品カプセルに充填するか,またはカプセル基剤で被包成形したもの。硬カプセル剤と軟カプセル剤とがある。カプセルは通常ゼラチンと少量の白糖とを原料とする楕円形卵円形有蓋もしくは密封しうる注入口をもつ,無臭で弾力性のある容器である。そのまま服用しては吐き気を催すもの,不快感,刺激性,潮解性のあるもの,色素油状のものなどがカプセル剤として用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かぷせるざい【カプセル剤】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

カプセル剤
かぷせるざい
不快臭や刺激性のある医薬品、味の悪い医薬品、色素類で他を汚染するような医薬品を服用しやすくするために用いられる剤形の一種。抗生物質や消化酵素製剤をはじめ、チモール、サリチル酸ナトリウム、肝油などの医薬品を、粉末状、顆粒(かりゅう)状、液状、懸濁状、糊(のり)状などの形でカプセルに充填(じゅうてん)するか、カプセル基剤で被包成型してつくったもので、硬カプセル剤と軟カプセル剤の2種がある。硬カプセル剤はゼラチン製で、一端を閉じたボディとキャップからなる一対の円筒体の中に医薬品を充填し、互いに重ね合わせたものである。大きい順に000、00、0、1、2、3、4、5の各号、8種がある。軟カプセル剤は、ゼラチンにグリセリンやソルビトール(糖アルコールの一種)などの可塑剤を加えて軟質化したゼラチン基剤を特殊な機械で板状に伸ばし、2枚の間に医薬品を挿入して両側から被包成型(球形、楕円(だえん)形、卵形など)したもので、製法に平板式とローラー式の2種類がある。
 カプセル剤は胃内でカプセルが溶けて崩壊するが、老人など唾液(だえき)や胃液の分泌が少ない場合は軟化するだけで崩壊しないこともあるので、多量の水またはぬるま湯とともに服用する必要がある。なかにはカプセルの皮膜にコーティングして胃を通過させ、腸内で崩壊するようにした腸溶性カプセル剤、あるいは顆粒にコーティングして厚さを適当に変え、崩壊性の異なるものを配合した持効性カプセル剤もある。また、数マイクロメートルから数百マイクロメートルという微球形のマイクロカプセル(アスピリンのマイクロカプセル製剤)やレクタルカプセルといって坐薬(ざやく)として用いられる先のとがった円錐(えんすい)状に近い形の軟カプセル製剤も開発されている。[幸保文治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カプセル‐ざい【カプセル剤】
ゼラチンなどで作った小さな容器に粉薬を詰めたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カプセル剤」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カプセル剤の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation