@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カボタージュ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カボタージュ
cabotage
沿岸貿易。1国内の2地点間の旅客または貨物運送をいう。元来海上運送において国際慣習として成立し,発達したもので,国家は自国沿岸の航海貿易から自由に外国船舶を排除し,これを自国船舶にのみ留保することができた。この海上慣習が航空運送に持込まれたものが「エア・カボタージュ」で,1国の領域内の2地点間の航空運送は,自国機にのみ許可し,外国機は排除されるのが普通である (国際民間航空条約7) 。もとは1国の地理的に同一沿岸のの間の運送をいったが (プチ・カボタージュ) ,近時拡大傾向にある。本国と海外領域の2地点間を運送するグラン・カボタージュ grand cabotageは,航空機の場合は一般的に認められるが,船舶についても次第に自国船舶に留保される傾向にある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カボタージュ(cabotage)
他国の国内二地点間、または海外領土間を運送すること。シカゴ条約により、各国は外国航空機に対しこの運送を禁止することができると定められている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カボタージュ【cabotage】
沿岸貿易あるいは沿岸運輸ともいう。カボタージュは,もともと一国内の同一沿岸に属する港間の航行および取引を意味した。しかしながら,今日の通商条約の中で用いられるカボタージュあるいは沿岸貿易は,同一沿岸であるか否かにかかわりなく,一国内のいずれかの二つの港間における運輸を意味するようになった。しかもここで一国内という場合には,本国と植民地あるいは自治領間の輸送も含むものとされている。近時,このカボタージュの言葉が航空輸送にも用いられ,同一国の空港から他の空港への旅客または貨物の輸送をエア・カボタージュとよんでいる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

カボタージュ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カボタージュの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation