@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カボート(父子)【かぼーと】

日本大百科全書(ニッポニカ)

カボート(父子)
かぼーと

(1)父Giovanni Caboto(1425/50ころ―99ころ) 英語名はジョン・カボットJohn Cabot。ジェノバ生まれの北アメリカ探検家、航海者。1461年ベネチアに移住、十数年間航海貿易に従事、東西貿易の要衝メッカをはじめアラビア地方を訪れたという。ベネチア市民権を得て(1476)から3人の子を連れイギリスに移り(1484ころ)、西方にあるという伝説の島ブラジル島などを探し、そこから北西航路でアジアへ行く計画をたて、ブリストル商人たちの援助で探検を繰り返した。コロンブスの成功に刺激されたイギリス国王ヘンリー7世の支援を得て97年5月マシュー号でブリストルを出港、北航し、ついで西航、6月ケープ・ブレトン島(あるいはラブラドル)を発見、その後ニューファンドランド南岸を探検、8月ブリストルに帰着した。その後ただちに第2回航海を計画、98年新特許状を得、5月出発、グリーンランド北東海岸を探検、北緯67度30分まで北上、氷山に妨げられて引き返した。99年、年金を受けたが、その後の記録はない。彼はビーキング(バイキング)以後コロンブスより早くアメリカ大陸に上陸した最初のヨーロッパ人といわれている。

(2)子Sebastiano Caboto(1476ころ―1557ころ) 航海者。(1)の子。父のベネチア時代に生まれ、父の航海に同行、1503年ごろ単独で西航した。12年ごろスペインに移って海軍大尉となり、その後イギリス、スペインの間を数回往復、両国王のそれぞれの計画で北西航路の探検に従事し、17年イギリス国王ヘンリー8世の計画でハドソン湾を発見した。25年スペインの計画でブラジル沖を南下、27年ラ・プラタ川に到着した。53年にはふたたびイギリス国王の計画で北東航路を探検、2隻を失い、彼自身は陸路モスクワを経てイギリスに帰り、55、56年のイギリスの対ロシア交易(モスコビア・カンパニー)の端を開いた。

[飯塚一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カボート(父子)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カボート(父子)の関連情報

関連キーワード

カボットカボットグアルネリマサッチョローマ楽派コッレオーニ礼拝堂グアルネリ五姓田芳柳ビビエーナ(一家)カボット

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation