@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カポーティ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カポーティ
Capote, Truman
[生]1924.9.30. ニューオーリンズ
[没]1984.8.25. ロサンゼルス
アメリカの作家。 10代から創作を始め,23歳のとき,『遠い声,遠い部屋』 Other Voices,Other Rooms (1948) を発表,南部退廃,ゴシック的雰囲気のなかで精神的成長をとげる少年を描いて早熟の天才と呼ばれた。『ティファニーで朝食を』 Breakfast at Tiffany's (58) ではニューヨークを背景に若者の行動を描き,『冷血』 In Cold Blood (66) では,2人の若者が農村の一家を惨殺した実際の事件を克明に追った「ノンフィクション小説」を完成,ピュリッツァー賞を受賞するとともに,現代小説ではこのようなルポルタージュこそ最善の形式である,と述べて活発な文学論争を引起した。その他,『草の竪琴』 The Grass Harp (51) ,短編集『夜の木』A Tree of Night (49) ,旅行記『地方色』 Local Color (50) ,ソ連紀行『ミューズの歌声』 The Muses Are Heard (56) ,ミュージカル『花の家』 House of Flowers (54) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カポーティ(Truman Capote)
[1924~1984]米国の小説家。独学で作家となり、虚無感をもった幻想的な作品を発表。また「冷血」で、ノンフィクションの道を開拓した。「遠い声、遠い部屋」「ティファニーで朝食を」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

カポーティ
2005年製作のアメリカ映画。原題《Capote》。作家トルーマン・カポーティがノンフィクション『冷血』を書き上げるまでの苦悩を描く。監督:ベネット・ミラー、出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、キャサリン・キーナー、クリス・クーパー、クリフトン・コリンズ・ジュニアほか。第78回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。同主演男優賞受賞(フィリップ・シーモア・ホフマン)。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カポーティ【Truman Capote】
1924‐84
アメリカの作家。ニューオーリンズに生まれ,幼時から創作に意欲を燃やしていたが,17歳のときニューヨークに出てから本格的に書きはじめ,19歳のとき短編《ミリアム》を発表して一部の注目を集めた。その後,小説《遠い声,遠い部屋》(1948)によって,南部の早熟な天才作家出現と全米に喧伝された。南部の強烈な日ざしとその裏にひそむ退廃を背景に,現実と幻想の交錯するゴシック的な境界を遍歴する少年の物語が,入念なで仕上げられていて,文壇に清新な衝撃を与えたのである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

カポーティ【Truman Capote】
1924~1984 アメリカの小説家。幻想的・都会的・抒情的な作品を書く。また、「冷血」ではノンフィクションノベルの先鞭をつける。多彩な作風を示したが、孤独感・虚無感に貫かれている。他に「遠い声、遠い部屋」「ティファニーで朝食を」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

カポーティ
かぽーてぃ
Truman Capote
(1924―1984)
アメリカの小説家、劇作家。9月30日ニューオーリンズで生まれ、特記するほどの学校教育を受けず、校正係、タップダンサー、『ニューヨーカー』誌雑務係などをしながら、短編『夜の樹(き)』『ミリアム』を発表。異常な性癖、感受性をもつ少年の精神形成を描いた『遠い声、遠い部屋』(1948)で認められる。これは短編集『夜の樹その他の物語』(1949)と同じアンチ・リアリズムの作品で、人間心理の「闇(やみ)の世界」を描いている。叙情性に富む『草の竪琴(たてごと)』(1951。翌年作者が脚色上演)のほか、『ミューズの声聞こゆ』(1956)、『ティファニーで朝食を』(1958)などののち、『冷血』(1966)では一転して写実に徹して「非虚構小説(ノンフィクション・ノベル)」を唱え、反響をよんだ。『クリスマスの思い出』(1966)、『感謝祭のお客さま』(1968)は叙情的回想記。「恐るべき子供」として出発、作風はさまざまな諧調(かいちょう)を帯びているが、初期から一貫してみられる傾向は、生きることのむなしさ、人間の孤独、魂をいやす楽園の希求であった。1984年8月25日没。2005年(平成17)、日本では代表作『冷血』の新訳が出版され話題となった。[稲澤秀夫]
『稲澤秀夫著『トルーマン・カポーティ研究』(1970・南雲堂) ▽ジェラルド・クラーク著、中野圭二訳『カポーティ』(1999・文藝春秋)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カポーティ
(Truman Capote トルーマン━) アメリカの小説家。怪奇な作風で現代人の孤独と愛の不毛を描いた。作品「遠い声、遠い部屋」「ティファニーで朝食を」「冷血」など。(一九二四‐八四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カポーティ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カポーティの関連情報

関連キーワード

島津保次郎衣笠貞之助溝口健二村田実伊藤大輔清水宏山本嘉次郎ビダールビッチ内閣総理大臣

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation