@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カマレス陶器【カマレスとうき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カマレス陶器
カマレスとうき
Kamáres ware
クレタ陶器 (土器) の一種。中期クレタ文明第2期 (前 1900~1750) にクノッソスファイストスで製作された土器。形は多様で,つや消しの白,赤,黒褐色の地に動物や草花の大胆な装飾文様を施す。呼称はこれらの土器が最初に多数発見されたイダ山中のカマレス洞窟の名に由来する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カマレスとうき【カマレス陶器 Kamares ware】
ミノス文明旧宮殿時代(前1900‐前1700)の最も美しい陶器。その形は紅茶茶碗形,コップ形,鉢形,壺形,高杯などがあり,陶用ろくろを自由に使いこなした優美な作品が多い。なかには厚さ1mmほどの卵殻陶器と呼ばれる薄手のものさえある。しかも装飾には色彩を使って多彩陶器の頂点にある。その技法は,まず黒色で地塗して,その上に白,赤,橙,黄色で器体の全面に及ぶ文様を描く。種々の渦巻,波状文,S字形半円,旋回文,ラケット形などの曲線文や,ロゼットマーガレットスイレンヤシ花弁などの植物,泳ぐ魚もみられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

カマレス陶器
かまれすとうき

青銅器時代のクレタ産陶器の一形式。クレタ島中部のイダ山南壁のカマレス洞穴から同形式の陶器が多数出土したために、カマレス陶器とよばれる。器形は双把手(とって)をもつ水差し、壺(つぼ)、脚杯、「コーヒー・カップ」と通称される杯(さかずき)など。暗色の地に、赤、白、橙(だいだい)色で、植物、海棲(かいせい)動物、幾何学文などが描かれる。小型のものは器壁がきわめて薄く、「卵殻陶器」の別名がある。製作は中期ミノス第2期、クノッソスをはじめとする宮廷工房と推測され、芸術的に高く評価されている。遺例の多くはヘラクリオン美術館に収蔵されている。

[友部 直]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カマレス陶器」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カマレス陶器の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation