@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カミツレ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カミツレ
カミルレ」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カミツレ(〈オランダ〉kamille)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かみつれ【カミツレ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

カミツレ
かみつれ
[学]Matricaria chamomilla L.
キク科の耐寒性の一年草。種名はカモミルラが正しいが、一般にカミツレという。ヨーロッパから北アジアにかけての原産。全株無毛でよく分枝し、高さ50センチメートルくらい。葉は2~3回羽裂し、細く糸状をなして短い。全草芳香がある。夏、各枝の頂部に径2.5センチメートルの花をつけ、中心の管状花は黄色、周囲の舌状花は白色の頭状花をつける。頭状花を乾燥したものが民間薬の「カミツレ花」である。ヨーロッパでは古くから茶のように煎(せん)じたものを飲むと発汗、解熱に効があるといわれ、また口内炎、咽頭(いんとう)炎の消炎薬として用いられたり、芳香保温、浴用にも用いられる。同属異種で園芸上マトリカリアとよんでいるものはナツシロギクで、秋播(ま)き花壇、切り花、矮性(わいせい)種は鉢物にする。[山口美智子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カミツレ
〘名〙 (kamille) (「カミルレ」に「加密列」「加密爾列」などと字をあてたのを読み誤ったもの) キク科の一、二年草。ヨーロッパ原産で、文政年間(一八一八‐三〇)に渡来し、観賞用、薬用に栽培される。茎は高さ三〇~六〇センチメートルになり、枝分かれする。葉は互生し、羽状に細かく分裂し、各裂片は短いひも状になる。夏、茎頂に直径二センチメートルの頭花を開く。中心花は管状花で鮮黄色、周辺花は一〇~一二個の舌状花で白色。花頭を乾燥させたものも同じ名で呼び、発汗・解熱剤に用いる。カモミール。
※遠西医方名物考(1822)六「崎港(ながさき)在館の和蘭人苦薏を以て加密列(カミツレ)に充(あて)用ふと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カミツレ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カミツレの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation