@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カミナリイカ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カミナリイカ
Sepia lysidas; kisslip cuttlefish
軟体動物門頭足綱コウイカ科。地方によってはコブイカギッチョイカともいう。長 21cm,胴幅 10cmに達する大型のイカ。雄の背面に多数の暗灰褐色の横縞があり,ところどころに楕円形斑紋があるためモンゴウイカ (紋甲イカ) ともいわれる。腕はそれぞれほぼ 8cmで,吸盤が4列に並ぶ。触腕は細長く約 23cmで,先端部の触腕穂には小吸盤が多数ある。甲は石灰質で厚く卵形。腹側はくぼみ,後端に短いとげがある。また胴の左右全縁を幅の狭い鰭が取巻く。房総半島以南九州までと朝鮮半島に分布する。3~5月下旬に長径 2cmほどの卵嚢を 15~30mの海底産卵する。採取は産卵のために寄ったところをとる。食用

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カミナリイカ【Sepia lycidas】
大型の頭足綱コウイカ科のイカ。成長した雄の背側に○に-をかいたような眼状紋(目玉模様)が多くあるところから,モンゴウイカ(紋甲烏賊)とも呼ばれている(しかし,“モンゴウイカ”の名は,最近大西洋インド洋から漁獲されている,他の大型コウイカ類の市場名にも流用されていて,本種のみとは限らない)。コブイカ,ギッチョイカあるいはマルイチなどの地方名がある。 最大胴長20cmを超え,触腕には同大同形の微小な吸盤が200個くらいあり,貝殻の内円錐が肥厚しU字形を呈している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

カミナリイカ
かみなりいか / 雷烏賊
cuttlefish
[学] Sepia lycidas

軟体動物門頭足綱コウイカ科のイカ。外套(がいとう)長35センチメートル、体重5キログラムに達する大形種。雄は背側に多数の横縞(よこじま)のほか、楕円(だえん)形の眼状紋があるので、従来モンゴウイカ(紋甲烏賊)とよばれていた。しかし現在ではこのモンゴウイカの呼び名は、本種のみならず遠洋漁場からもたらされるヨーロッパコウイカや、トラフコウイカなどの大形種の市場名にも流用されている。各腕には吸盤が4列並んでいる。触腕には小形の吸盤が8列に並び、その数は200個以上ある。甲(貝殻)は舟形で幅広く、内円錐(えんすい)にはU字形の滑層が沈着している。甲の背面は比較的滑らかである。東シナ海から南シナ海の底引網で多量に漁獲される。同海域では3~5月ごろが産卵期で、水深15~30メートルの海底で産卵する。産卵前期の11月から2月ごろには水深60~100メートル付近に集群している。また、南西日本の定置網その他の漁具でも少量とられる。方言ではコブイカ、ギッチョイカあるいはマルイチなどという。おもに生食用にされ、きわめて上質の刺身、すしだねなどになる。

[奥谷喬司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カミナリイカ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カミナリイカの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation