@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カミ遺跡群国立記念物【カミイセキグンコクリツキネンブツ】

デジタル大辞泉

カミいせきぐん‐こくりつきねんぶつ〔‐ヰセキグン‐〕【カミ遺跡群国立記念物】
Khami Ruins National Monument》ジンバブエ南西部の石造遺跡。ブラワヨの西約30キロメートル、カミ川の西側に広がる。煉瓦(れんが)状の石材を積み重ねた建造物が残り、ビーズや金製品のほか、中国産の青磁白磁など、多くの交易品が出土している。1986年、世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産詳解

カミいせきぐんこくりつきねんぶつ【カミ遺跡群国立記念物】
1986年に登録された世界遺産(文化遺産)。ジンバブエ南西部、標高1000mのジンバブエ高原西部、ブラワヨ近郊に約1km2にわたって広がる石造遺跡群である。ここは15世紀半ばにトルワ国の首都となり、それ以降17世紀頃まで政治・文化の中心地だった。この遺跡の建造物は、直方体に切り出した花崗岩をレンガのように交互に積み重ねて造られている。建物の壁の上部には、切り石を1つおきに積んで市松模様を描いたり、色の異なる石材を用いて装飾したりするなど、その石造技術はたいへん高度。同じく同国を代表する石造遺跡であるグレート-ジンバブエ国立記念物(世界遺産)からの発展がうかがえる。また、この遺跡からは、イベリア半島製の銀製品のほか、中国の宋、元、明時代の青磁や白磁、ポルトガル、ドイツ、北アフリカ製の陶磁器、17世紀にポルトガルで焼かれた中国製陶磁器の模倣品、スペイン製の皿などが多数出土している。◇英名はKhami Ruins National Monument

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カミ遺跡群国立記念物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カミ遺跡群国立記念物の関連情報

関連キーワード

世界のおもな博物館世界のおもな美術館世界のおもなアカデミーキルワ-キシワニとソンゴ-ムナラの遺跡群国益ガーナ海洋大気局妊娠中絶禁止運動アンチ・アボーション運動

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation