@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カムチャツカ火山群【カムチャツカかざんぐん】

世界遺産詳解

カムチャツカかざんぐん【カムチャツカ火山群】
1996年に登録、2001年に登録内容が変更されたロシアの世界遺産(自然遺産)。カムチャツカ半島は、ユーラシア大陸の東端にある大きな半島で、その面積は日本の国土とほぼ同じ約37万km2、南部はロシアのカムチャツカ州、北部は同コリャク自治管区に属している。この半島には中央山脈(スレジンヌイ山脈)と東山脈が並行して南北に走り、太平洋の周囲を取り巻く環太平洋造山帯の一部をなしている。このため、多くの火山のある半島でもある。カムチャツカ火山群は、同半島東側のベーリング海沿岸地区に集中し、半島最高峰のクリュチェフスカヤ山(標高4750m)や円錐形のクロノツカヤ山(標高3528m)などを中心に5つの火山帯が含まれている。過去300年間で50回以上の大爆発を記録するほど火山活動が活発で、カラマツ、モミなど寒帯地方の森林に火山帯特有の地形・景観を持つ。ヘラジカ、ヒグマなど野生動物の宝庫でもある。◇英名はVolcanoes of Kamchatka

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カムチャツカ火山群」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カムチャツカ火山群の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門黒沢清長田弘小松左京[各個指定]芸能部門アトリエ・ワン岩井俊二辻邦生飯島耕一畠山直哉

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation