@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カメガイ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カメガイ
Cavolinia tridentata; three-toothed cavoline
軟体動物門腹足綱カメガイ科の貝。軟体の側足が左右に翼状に広がっており,これで泳ぐさまがチョウのはばたきのようにみえるのが英名の由来。温帯熱帯の海で群れをなして浮遊生活をする。長 2cm。殻は褐色半透明で薄く,巻かない。背殻はゆるやかに湾曲して前方突き出し,腹殻は前方へ丸くふくらみ亀の甲に似た形となり,後端の左右両翼は角張り,中央部は後方へ棘状に突き出る。日本産のカメガイ科 Cavolinidaeにはほかにシロカメガイ C.gibbosa,クリイロカメガイ C.uncinata,マルカメガイ C.globulosa,ヒラカメガイ Diacria trispinosaなどの種がある。カメガイの仲間は自分の体の数十倍にもなる粘液の網を広げ,これにかかったプランクトンなどの餌を食べる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

カメガイ
かめがい / 亀貝
sea butterfly
[学] Cavolinia tridentata

軟体動物門腹足綱カメガイ科の貝。海産浮遊性の種で、殻は巻かず台形でカメの甲を連想させるのでこの名がある。殻長は20ミリメートルぐらい、飴(あめ)色で半透明。背殻は膨らみが弱く、3本の縦畝(たてうね)があり、腹殻より前縁が長く伸びひさし状である。腹殻は丸みがあって膨れ、成長線が明瞭(めいりょう)である。殻口は背縁と腹縁の間にスリット状に開き、両殻のあわさるところは側方に棘(とげ)のような突起状に出る。足は他の腹足類のようにはうのに適しておらず、あたかもチョウの翅(はね)のように左右2枚に分かれていて、これを動かして泳ぐため、本種の属するカメガイ科は翼足類とよばれるグループに属する。世界中の温帯、熱帯の海流中にすみ、足に生えている繊毛(せんもう)の運動によって海中の珪藻(けいそう)を集め口に運ぶ。大風のあとは海岸に死殻が打ち上がっている。幼貝は成貝と形がまったく異なり長い三角形である。同類の他種とともに魚類や頭足類の天然餌料(じりょう)となっている。

[奥谷喬司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメガイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カメガイの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation