@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カモ目【かももく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

カモ目
かももく

鳥綱の1目。ガンカモ目(雁鴨目)ともいう。この目Anseriformesは、ガン、ハクチョウ、カモなどを含むカモ科Anatidaeと、3種のサケビドリを含むサケビドリ科Anhimidaeとよりなる。カモ科は世界的に分布するが、サケビドリ科は南アメリカの特産。カモ科とサケビドリ科の関係はかならずしも明らかでないが、カモ科のカササギガンとサケビドリの間には外形態的にも解剖学的にも若干の類似点がある。カササギガンはカモ科のなかでいちばん陸上生活に適応し、水かきは痕跡(こんせき)的である。また風切(かざきり)羽は順次抜け換わるため、他のカモ科の鳥のように、無飛力の期間がない。カササギガンを除いたカモ科の鳥は、足によく発達した水かきがあり、水辺または水上で生活する。カモとハクチョウ類の多くは遊泳または潜水して餌(えさ)をあさるが、ガン類は主として水辺で採食する。カモ科の鳥の特徴の一つとして、嘴縁(しえん)に板歯とよばれる櫛歯(くしば)状構造があるが、これは淡水ガモのような濾過(ろか)採食のものでとくによく発達し、アイサ類では鋸歯(きょし)状となる。食物は、淡水ガモとガン類は主として植物質をとり、海ガモは小魚および貝などの無脊椎(むせきつい)動物を好む。アイサ類は潜水して魚をとる。カササギガン以外のものは、風切羽が一時に抜け換わるため、換羽中の数週間は飛べない。カモ目の雛(ひな)はすべて早成性で、綿羽で完全に覆われている。一部の学者は、カモ目に比較的縁が近いのはキジ目と考えているが、その反対の意見もある。

[森岡弘之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

カモ目
鳥綱の目。カモ科カササギガン科サケビドリ科を含む。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カモ目」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カモ目の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation