@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カラオーラの塔【カラオーラノトウ】

デジタル大辞泉

カラオーラ‐の‐とう〔‐タフ〕【カラオーラの塔】
Torre de la Calahorra》スペイン南部の都市コルドバにある塔。グアダルキビル川にかかるローマ橋の防備のため要塞として建造。現在はイスラム支配時代の資料を展示するアル‐アンダルス博物館になっている。旧市街に残るメスキータアルカサルとともに、「コルドバ歴史地区」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カラオーラの塔」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カラオーラの塔の関連情報

関連キーワード

エルクレスの塔スーダの塔ヘラクレスの塔ベレンの塔アジネッリの塔ガリゼンダの塔サンパンクラツィオの塔トーレタグレ宮殿ラコンパニーアデヘススの塔英国塔

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation