@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カラクリス【からくりす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

カラクリス
からくりす
Караклис/Karaklis

アルメニア共和国にある同共和国第三の都市。バナゾールともよばれる。1935年までカラクリスとよばれたが、ソ連時代はキーロバカンКировакан/Kirovakanと改称、1991年のソ連解体後、ふたたびカラクリスに戻った。人口17万2700(1999)。小カフカス山脈の山間盆地(標高1350メートル)に位置し、ジョージア(グルジア)のトビリシとアルメニア共和国のエレバンを結ぶ鉄道が通る。市の起源は、青銅器時代の古墳のある地点におこったカラクス村で、1826年に市制を敷く。19世紀末の鉄道開通によって商業が盛んとなった。化学肥料、コランダム(研磨剤)、化学繊維、自動組立機器、精密工作機械、食肉・乳製品加工などの工場がある。エレバン工業大学の支所、化学、経済、商業などの教育機関が置かれ、郊外には保養所、旅行者センターなどがある。

[渡辺一夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カラクリス(Karaklis/Караклис)
アルメニアの都市バナゾル旧称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カラクリス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カラクリスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation