@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カラスガイ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カラスガイ
Cristaria plicata
軟体動物門二枚貝綱イシガイ科。長 20cm,殻高 12cm,殻径 8cmで,最大個体は殻長 30cmに達する。幼貝ではまっすぐな背縁の上に平たい翼状突起があるが,成長するとなくなる。殻表は黄緑色であるが次第に黒くなる。また後背部には波状の低い皺がある。内面真珠光沢が強く,背縁後方に短い側歯がある。外套線は入しない。グロキジウム幼生にはがあり,これで魚類付着する。北海道から九州,朝鮮半島,中国に広く分布し,湖沼の泥底にすむ。中国では,本種の殻と外套膜の間へ仏像などの型を入れて真珠層でおおわせた仏像真珠をつくった。これが真珠養殖のヒントとなった。殻は貝細工の材料になる。なお琵琶湖地方では本種をメンガイイケチョウガイをオンガイといい,同種の雌雄であると誤っていた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カラスガイ
イガイ」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

カラスガイ
からすがい / 烏貝
mussel
[学] Cristaria plicata

軟体動物門二枚貝綱イシガイ科の二枚貝。淡水産の種で、中国大陸に広く分布し、朝鮮半島を経て日本に及ぶ。各地の池や沼にすむが、霞ヶ浦(かすみがうら)や琵琶(びわ)湖などには通常殻長20センチメートル、殻高12センチメートルぐらいある大形の個体を産し、まれに殻長25センチメートルを超えるものもある。幼貝のときは後背縁にひれ状の突起があり、殻色も黄色いが、成長すると突起は失われ、殻色も黒みを帯びる。殻表は成長線があるだけで滑らかであるが、後背域に低い波形の彫刻がある。内面は真珠光沢が強い。一見淡水産のドブガイAnodonta woodianaに似るが、本種では後背縁にひだがあるのですぐに見分けられる。古代の中国では、この貝の外套膜(がいとうまく)の間に鉛でつくった薄い仏像を入れて真珠層で覆わせ、布教のためなどに用いた。これは近代の真珠養殖のヒントとなったもので、当時すでにその原理が知られていたのは驚異に値する。殻は細工用にされ、肉は一部で食用にされるが泥くさい。

[奥谷喬司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カラスガイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カラスガイの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation