@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カランサ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カランサ
Carranza, Venustiano
[生]1859.12.29. コアウイラ,クアトロシエネガス
[没]1920.5.21. プエブラ,トラスカラルトンゴ
メキシコ革命の指導者。大統領 (在任 1917~20) 。大地主革命前は州会議員,上院議員などを歴任していたが,1910年メキシコ革命に参加,13年以後「第一統領」として革命の主導権を握った。 15~16年 E.サパタ,P.ビヤらの率いる農民軍を弾圧,「1917年憲法」を制定して大統領に選ばれた。しかし保守的な政策をとったため民衆支持を失い,20年 Á.オブレゴン将軍の反乱で追われ,逃亡中暗殺された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カランサ【Venustiano Carranza】
1859‐1920
メキシコの政治家,大統領(在任1917‐20)。北部コアウイラ州の地主の子に生まれ,州知事,連邦議会議員を経て,メキシコ革命勃発とともにF.I.マデロの運動に参加。1913年3月反革命勢力打倒と護憲主義を掲げた〈グアダルーペ宣言〉を出して護憲主義運動を組織し,護憲派軍第一統領として戦い,革命の内乱を終結させた。内乱中,農地改革法をはじめ多くの社会改革法を発表し,メキシコ全土を制覇したのちこれらの改革諸法をもり込んだ1917年憲法を制定した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

カランサ
からんさ
Venustiano Carranza
(1859―1920)

メキシコ革命の指導者、メキシコ大統領(在任1917~20)。メキシコ北部コアウィラ州の大地主で、ディアス独裁期の同地方の有力な政治家であったが、1910年マデロの指導するメキシコ革命に参加した。11年革命の勝利とともにコアウィラ州知事に選ばれ、13年ウエルタ将軍の反革命クーデターによってマデロ大統領が殺されると、自ら「革命第一統領」と称して革命の指導権を握り、翌14年ウエルタ反革命政府を打倒した。14年から17年にかけてサパタとビリャの率いる農民軍を弾圧、17年新憲法発布とともに正式に大統領に選ばれた。しかし本質的には保守主義者で、新憲法に定められた諸改革を実行せず民衆の支持を失い、後継者問題も絡んで20年部下のオブレゴン将軍の反乱によって暗殺された。

[野田 隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

カランサ
Venustiano Carranza
1859〜1920
メキシコ大統領(在任1917〜20)
大地主出身で,マデロによるメキシコ革命に参加,マデロの暗殺後対立していたウエルタに勝利し,土地改革の規定を盛り込んだメキシコ憲法を制定,1917年大統領に就任した。しかしその後,資源国有化問題や土地改革に消極的な態度をとるなどしたため,民衆蜂起が発生し,捕らえられ殺害された。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カランサ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カランサの関連情報

関連キーワード

ビラフランカの和議余計者光の科学史インド大反乱川本幸民岡田普理衛ゼーバッハデカルソンデントンヘットナー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation