@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カリクスツス2世【カリクスツスにせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カリクスツス2世
カリクスツスにせい
Calixtus II; Callistus II
[生]?
[没]1124.12.13/1124.12.14. ローマ
第162代教皇在位 1119~24)。ブルゴーニュ公家出身。1088年にビエンヌの大司教となり,教会改革の代弁者,また神聖ローマ皇帝ハインリヒ5世の対立者として名をはせた。クリュニーに追放されていた教皇ゲラシウス2世死後,1119年にその後継として教皇に選出される。同 1119年のランス教会会議で俗人による聖職叙階を非難し,ハインリヒ5世と対立教皇グレゴリウス8世を破門した。1120年ローマに入り,1122年に皇帝との間にウォルムス政教条約を結んだ。これにより聖職叙任権は教皇がもつこととなり,叙任権論争は収束した。1123年には第1回ラテラノ公会議招集,ウォルムス政教条約が承認された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カリクスツス2世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カリクスツス2世の関連情報

関連キーワード

天治デービッド1世ケレスチヌス2世サンティアゴ・デ・コンポステラ大聖堂平泉子どもの野球離れ奥義抄金色堂天治保安

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation