@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カリーム・ハーン・ザンド

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カリーム・ハーン・ザンド
Karīm Khān Zand
[生]?
[没]1779
イラン,ザンド朝の創始者 (在位 1757~79) 。ルル族傍系のザンド族の長であったが,アフシャール朝ナーディル・シャー暗殺後の混乱のなかに頭角を現し,カージャール族,アフシャール朝,アフガン族に対抗。シーラーズを本拠として 1760年代にはホラーサーンを除く全イランを支配下に収めた。しかし,彼はサファビー朝の末裔を王位につけ,みずからは終生執政 wakīlの称号を維持した。商業,工芸,農業の発展に努めると同時に,外国との交易を奨励して,ヨーロッパ諸国,特にイギリスとの経済関係を強化,また 76年にはオスマン帝国のペルシア湾における商業権を奪回すべくバスラを奪った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カリーム・ハーン・ザンド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カリーム・ハーン・ザンドの関連情報

関連キーワード

後桃園天皇ティチングカージャール朝ブロンホフ後桃園天皇平賀源内カージャール朝後桃園天皇浦上玉堂インゲンホウス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation