@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カリーム・ハーン

世界大百科事典 第2版

カリーム・ハーン【Karīm Khān】
1705ころ‐79
イランザンド朝の創建者。在位1750‐79年。イラン系ザンド族の出身。ナーディル・シャーの暗殺後,ザンド族をホラーサーンから西部イランの原住地に連れ戻し,徐々に勢力を伸張。1763年,ホラーサーンを除くイラン全土を制圧した。シーラーズに都を定めた彼は租税を軽減,産業,商業,貿易の振興に努め,学者,文人を保護するなど善政を行い,アフガン族の侵入後,久方ぶりにイランに平和な時期が訪れた。【羽田 亨一】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

カリーム・ハーン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カリーム・ハーンの関連情報

関連キーワード

レオポルト1世公慶公慶前田利右衛門公慶淀屋辰五郎ベルヌーイチュニジア徳川吉宗面山瑞方

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation