@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カリ資源【カリシゲン】

化学辞典 第2版

カリ資源
カリシゲン
resources of potassium

カリ資源としてもっとも広く用いられるのはカリ鉱物のカリウム分である.これらには水難溶性(明ばん石類,ケイ酸塩類)と水溶性とがあり,後者はそのままカリ肥料などになるが,前者は化学処理を要する.欧米のカリ塩原料鉱物はシルビナイトKCl・NaCl,カーナリットKCl・MgCl2・6H2O,ハルトザルツKCl・NaCl・MgSO4・H2Oなどが多い.わが国では,水溶性カリ鉱物は産出せず,第二次世界大戦中は明ばん石3(Al2O3・SiO2)・K2SO4・6H2O(K2O分4~5%),カリ石英粗面岩K2O・Al2O3・6SiO2 + (2~3)SiO2(カリ分6~10%),絹雲母などを加熱,化学前処理して水溶性にする研究をしていた.アメリカではかん湖のかん水からKClを晶出させ,イスラエルでは死海の海水から天日蒸発でカーナリットをつくり,KClを分離している.にがり塩化カリウムから,肥料用塩化カリウム,工業用塩化カリウム(K2O53% 以上)を製造する方法もある.そのほか,褐藻類海草(水溶性K2SO4,KCl 3%),草木灰(K2CO3),セメントダスト(K2O2~3%)などからも回収される.わが国のカリ塩工業では,にがりと海草が主資源であったが,現在は中止され,もっぱら輸入によっている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カリ資源」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カリ資源の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation