@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カルクアルカリ岩【カルクアルカリがん】

岩石学辞典

カルクアルカリ岩
イディングスは1892年に火成岩アルカリ(alkali)グループとサブアルカリ(subalkali)グループに区分することを提案し,後者はその後のカルク・アルカリ(calc-alkali)グループとして知られるグループになった[Iddings : 1892].これは後にピーコックアルカリ石灰指数(alkali-lime index)によって分類し,火成岩の化学的な四つのクラスの一つとなった[Peacock : 1931].カルク・アルカリ岩の語は現在の一般的な感覚ではアルカリ(alkaline)でない岩石の記述に用いられているが,これらの岩石はアルカリ石灰指数が56と61の間の岩石の記載に制限されるべきである.このグループの岩石の主成分は長石,角閃石またはオージャイトである.准長石,Na角閃石,Na輝石などのアルカリ鉱物は欠如している.このグループには花崗閃緑岩,閃長岩,閃緑岩,斑糲岩とそれらに対応する噴出岩が含まれる.スピライトや大部分の橄欖岩はアルカリ岩に含まれない.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルクアルカリ岩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カルクアルカリ岩の関連情報

関連キーワード

セントルイス・カージナルスマッケリー内閣総理大臣大本教ウィロビースターマーネフスキーカルクアルカリ花崗岩久米事件グロース

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation