@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カルクアルカリ花崗岩【カルクアルカリかこうがん】

岩石学辞典

カルクアルカリ花崗岩
花崗岩でアルカリ長石斜長石の両方を含み,斜長石の量が目立って多く,黒雲母,白雲母,角閃石,輝石または電気石をもつ岩石[Rosenbusch : 1907].リンドグレンは鉱物容量比で正長石:斜長石≧1:2以上の岩石とした[Lindgren : 1900].イディングスは1892年に化学組成からカルクアルカリ岩の分類を行い,その後ピーコックはアルカリ─ライム指数(alkali-lime index)が56~61にある岩石とした[Iddings : 1892,Peacock : 1931].カルク─アルカリ花崗岩もおおよそこの考え方にしたがっている.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルクアルカリ花崗岩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カルクアルカリ花崗岩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation