@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カルケドン公会議【カルケドンこうかいぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カルケドン公会議
カルケドンこうかいぎ
Concilium of Chalcedon
451年に大教皇レオ1世の尽力で小アジアのカルケドンで開かれた第4回公会議。ネストリウス派に対する反動から生れたエウチュケスのキリスト単性説を否定し,キリストの人性は天上のものではないが,神性と分離することなく結合しており,しかも神性と人性とは混合することなく,一つの位格が両性において存立することが決定された。しかしなお疑義が完全に解決されたとはいえず,その後もキリスト単性論や単意論をめぐる論争が続いた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カルケドンこうかいぎ【カルケドン公会議】
単性論派問題の解決のために451年,小アジアのカルケドンKalchēdōnで開かれた公会議。第4回公会議にあたり,皇帝マルキアヌスが招集した。参加主教の数は約600名とそれまでの最大であったが,西方からはローマ主教の使節とアフリカの主教が参加したにすぎなかった。449年にエウテュケスの単性論をめぐり,エフェソスで開かれた公会議がいわゆる〈盗賊教会会議〉として,単性論派のアレクサンドリア主教ディオスコロスDioskorosの専横に終わったので,カルケドン公会議は〈盗賊教会会議〉の決議を取り消すことを目的とした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

カルケドン公会議
かるけどんこうかいぎ

451年、小アジアのカルケドンChalcedonで開かれたキリスト教会の第4回公会議。東ローマ皇帝マルキアヌスによって招集された。とくに「カルケドン定式(信条)」が作成されたことで有名。この定式は、キリストには神性しかないというそれまでの異端的単性説を論難して、神人二性と一人格を強調したもの。これに対して、一種の妥協的信条であるとの非難もあるが、この定式はその後の正統派教会のキリスト論の原則を示すものとなった。

[菊地栄三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

カルケドン公会議
カルケドンこうかいぎ
Chalcedon
451年ローマ教皇レオ1世の要請で東ローマ皇帝マルキアヌスが召集した公会議
小アジアのカルケドンで開かれ,単性説が異端とされた。ただし単性説は現在コプト教会などで信奉されている。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルケドン公会議」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カルケドン公会議の関連情報

関連キーワード

トリュフォートヨグライド(2速半自動AT)三元触媒システムかんばん方式華氏四五一度ディオスコロスブラッドベリークリスティブラッドベリローマ史(年表)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation