@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カルタゴ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カルタゴ
Cartago
コスタリカ中部の都市。同名州の州都首都サンホセの南東約 20km,イラス火山南麓の標高約 1500mの地に位置する。 1563年スペイン人によって建設され,1823年までスペイン植民地コスタリカ地方の首都とされた。 17世紀にはたびたび市のをねらった海賊に襲撃された。地震が多く,しばしば大きな被害を受け,1910年にはほとんど全市倒壊。現在は周辺の人口稠密な農業地帯に産するコーヒーの集散地。市内にはコスタリカの守護神ロスアンヘレスの聖母をまつる聖堂があり,国内各地から多くの巡礼が訪れる。首都と鉄道,パンアメリカン・ハイウェーで連絡。人口2万 9771 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルタゴ
Cartago
コロンビア西部,バイェデルカウカ州北東部の都市。首都ボゴタの西約 200km,アンデス山中の肥沃なカウカ谷にある。農業地帯の商業中心地で,タバコ,サトウキビ,コーヒー,肉牛などを集散する。 1540年に建設された古い町で,市内には副王邸などスペイン植民地時代の優れた建築物も残っている。州都カリとメデリンを結ぶ幹線道路,鉄道が通る。人口9万 2524 (1985) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルタゴ
Carthago
北アフリカで最も栄えた古代都市。現チュニジアの首都チュニスの北東約 16km,地中海に突き出した三角形の半島に位置し,投錨に適した魚類豊富なチュニス湖を背に,防衛上きわめて有利な地形に恵まれていた。おそらく前 720年頃地中海に進出したフェニキア人がここに貿易都市を創設した。地名は「新しい都市」を意味する Qarthadashtに由来する。ギリシア人はカルケドンローマ人はフェニキア人をなまってポエニ人の町と呼んだ。フェニキア人はここを基地に大西洋沿岸地方まで船隊を派遣し,北アフリカや南部スペインでの銀の産出のほか,果実,家具,象牙を含む各種物資の貿易を 500年にわたって続け,しだいにカルタゴは勢力を蓄え,周辺の都市を支配するに及んだ。前6世紀頃からシチリア領有をめぐってギリシア諸都市と争いが生じ,前4世紀頃までシチリア戦争は続いた。さらに前3世紀頃よりシチリアにおける領土とチレニア海の制海権をめぐって3回にわたるポエニ戦争をローマと戦った。ハミルカル・バルカス,天才的な軍略を縦横に駆使したハンニバルらの将軍はローマと果敢に戦ったが,ローマの名将スキピオ・アフリカヌスに敗れ (第2次ポエニ戦争) ,カルタゴは凋落した。さらにカルタゴの復興を恐れたローマは,ついに前 146年カルタゴを全滅させ,略奪,放火によって,町は廃墟と化した (第3次ポエニ戦争) 。前 29年ローマの属州アフリカの行政中心地として再建され,かつての繁栄を取り戻し,都市および大農園には多くの公共建築物が建造され,先住民のローマ市民化も進み,皇帝を輩出するまでになった。 200年以後キリスト教が急速に広がり,アウグスチヌスら多数の神学者が活躍した。しかし4世紀末頃より衰退しはじめ,439年にはバンダル族に,553年にはビザンチン帝国に占領され,697年アラブ人によって完全に破壊された。ローマ期のものを中心とした遺構遺跡は,1979年世界遺産の文化遺産に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カルタゴ(Cartago)
コスタリカ中央部の都市。首都サンホセの南東約20キロメートル、イラス山南麓のカルタゴ盆地に位置する。カルタゴ県の県都。同国最古の町として知られ、守護聖母「黒いマリア像」を祭ったロス‐アンヘレス大聖堂がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルタゴ(Carthago)
アフリカ北部、現在のチュニジアフェニキア人が建設した古代植民都市。紀元前6世紀以来繁栄したが、ローマと地中海の覇権を争い、前146年、第三次ポエニ戦争滅亡。首都チュニス北郊にその遺跡があり、1979年、世界遺産(文化遺産)に登録された。カルタージュ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カルタゴ【Cartago】
コスタリカの中部にある都市。人口11万7004(1994)。イラス火山のふもとの,標高1439mの高原にあり,1563年にスペイン人の手によって建設された。19世紀初めに,同国の首都が置かれたこともある。これまで何度も地震の被害があったが,農産物の集散地として今なお重要な地位を占めている。日曜日に開かれる農民市場は有名で,また同市にある黒い聖母像(ラ・ネグリタ)は病気治癒の力をもつとされ,中米全域から巡礼が訪れる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

カルタゴ【Carthago】
チュニジア海岸チュニス近郊の古代都市。その名はフェニキア語のKart‐Hadasht(〈新都市〉の意)による。その国民をローマ人はポエニPoeniと呼んだ。
[歴史と社会]
 テュロスからの植民(伝承では前814)により誕生したカルタゴ市は西への海上交通の要衝を占め,良港と肥沃な後背地のゆえにシドラ湾以西,大西洋岸に至るフェニキア系植民市群の頂点に立って西地中海交易網を手中に収めた。前6世紀以降ギリシア諸市,特にフォカイアの西方植民が活発化すると,エトルリア人と結び,他のフェニキア系諸市への統制を強めつつスペイン,サルディニア,アフリカ一帯に拠点を築いて交易独占を守ろうとしたが,ギリシア,フェニキア両勢力の混在するシチリアでは泥沼抗争を余儀なくされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

カルタゴ【Carthago】
紀元前九世紀頃、フェニキア人がアフリカ北部の地中海岸に建設した都市国家。紀元前六世紀頃、地中海西部を制覇したが、前146年、ポエニ戦争でローマに敗れて滅亡。チュニジアの首都チュニスの北郊にその遺跡がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典

カルタゴ【カルタゴ】
Carthage
チュニジアのカルタゴにある遺跡。チュニスの北北東15km、チュニス湾沿いにある都市国家遺跡で、紀元前814年にフェニキアの女王ディド(エリッサ)が建設したと伝えられている。ローマの支配を受けたため、ほとんどがローマ時代のものである。「ピュルサの丘」と呼ばれる高台がかつての都の中心で、現在は博物館が建ち、周辺には2世紀にローマのアントニヌス帝が建造した「アントニヌスの浴場」や1万人を収容したという「ローマ劇場」、軍艦が出入りしたという「カルタゴ港」、古代神を祀る墓地トフェ」などの遺構が残っている。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カルタゴ
[一] (Carthago) アフリカ北部、チュニス湾に臨む古代都市。紀元前九世紀頃、フェニキア人によって建設され、前六世紀にはギリシアを破って、地中海の制海権を獲得。前一四六年、ポエニ戦争により滅亡。のちカエサルによって復興されたが、六九八年、アラビア人に破壊された。
[二] (Cartago) 中央アメリカ、コスタリカ共和国中部の都市。肥沃な火山性土壌を有し、農業を主とし、コーヒー、野菜などを産する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

カルタゴ
Carthago
アフリカ大陸北岸,現在のチュニジアを中心に栄えたフェニキア人の植民市
前9世紀にティルスの植民市として建設され,母市ティルスがアッシリアに支配されてからは,西地中海の貿易を支配した。ローマとのポエニ戦争(前264〜前146)に敗れて滅亡したが,前45年カエサルによって再建され,帝国内屈指の大都市として繁栄した。のちヴァンダル族に占領され首都となるが(後439),アラビア人によって破壊された(698)。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルタゴ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カルタゴの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation