@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カルダーノ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カルダーノ
Cardano, Geronimo
[生]1501.9.24. パビア
[没]1576.9.21. ローマ
イタリアの数学者,医者。 1526年にパドバ大学で医学の学位を取り,43年にはパビアで医学教授の地位を獲得。初めて発疹チフスの症状を医学的に記述するなど,医者としての名声も高かった。数学者としては,当時の第一人者であり,現在『アルス・マグナ』の名で知られる書物を著わし,N.タルタリアの発見した3次方程式の解法およびカルダーノの弟子の L.フェラリが発見した4次方程式の解法を公表した。また,初めてゲームにおける確率に関する体系的な著書を発表している。 60年に息子が殺人罪で処刑され,大きなショックを受けた。 70年には異端の罪で投獄され,数ヵ月後に釈放されたが,教授の地位と書物を公表する権利を失った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カルダーノ(Girolamo Cardano)
[1501~1576]イタリア数学者・医者・哲学者。カルダーノの公式とよばれる三次方程式の根の解法を発表。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カルダーノ【Girolamo(Geronimo) Cardano】
1501‐76
イタリアの医学者,自然哲学者,数学者。占星術魔術にも造詣が深かった。法律家で,数学にもたしなみのあったF.カルダーノの庶出児としてパビアに生まれた。1526年にパドバ大学医学博士となり,開業したが,初めの10年近くはほとんど患者もつかず,極貧の生活を送った。また青年時代には長らく性的に不能であった。しかしその後しだいに名医としての評判が高まり,ミラノ,パビア,パドバの各大学で医学教授を歴任するかたわら,有力な貴族たちから診察を求められた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

カルダーノ【Girolamo Cardano】
1501~1576 イタリアの数学者・医者。「Ars Magna(算術の大技法)」を著し、二次・三次方程式の一般的解法を発表した。三次方程式の解法はタルタリアによるといわれるが、通常「カルダーノの公式」と呼ばれる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

カルダーノ
かるだーの
Girolamo Cardano
(1501―1576)
イタリア・ルネサンス期の医学者、自然主義的哲学者、数学者。ミラノ近くのパビアに私生児として生まれ、母親の不安定な愛情のため、悲しい少年期を送る。パビア、ミラノ、パドバで学び、パビア、ミラノ、ボローニャで医学を教える。いわゆる「カルダーノの公式」によって数学者として広くヨーロッパに知られた。70歳で投獄、異端審問にかけられるが、晩年はローマで過ごした。
 その特異な性格は、1542年に書かれ死後出版された『自伝』(1643)にうかがわれる。きわめて旺盛(おうせい)で広範な知識欲をもち、占星術、魔術などに関する著作のほか、とくに哲学的な主著としては、百科全書ともいうべき『不思議について』(1550)、『事物の雑多について』(1557)があり、そこにはルネサンスに固有な矛盾が典型的な形で現れている。アニミズム的立場から、一方では新プラトン主義的伝統に従って、魔術のもつ思弁的価値を認めながら、他方、物質自体のなかに生命の原理をみいだし、人間を頂点とする進化論的な考えをとる。そのためアリストテレスに反し、物質に活動的な特徴を認めることによって、内在論的・進化論的自然観へと向かう一方、自然の絶対的な一つとしてのまとまりを、霊という超自然的原理に求めざるをえないことから、超越論的自然の形而上(けいじじょう)学にもなっている。人間の霊魂についてアベロエス(イブン・ルシュド)的解釈をとる。[大谷啓治]
 1545年に『すばらしい技術、すなわちアルゲブラの規則について』Artis magnae, sive de regulis algebraicisを出版、このなかに三次方程式における「カルダーノの公式」がある。この方法はタルターリア(フォンタナ)が樹立した公式で、彼がカルダーノに、他人に教えないことを条件として教えたのであるが、その約束を破って上記の著書に公表してしまい、発表者の名をつける習慣から「カルダーノの公式」と名づけられた。カルダーノの公式は、その当時には式はなく、ことばで示されているが、現代の式で示すと、三次方程式x3+px=qの根が

であることを示したものである。[小堀 憲]
『カルダーノ著、青木靖三・榎本恵美子訳『わが人生の書――ルネサンス人間の数奇な生涯』(1980・社会思想社/1989・現代教養文庫) ▽清瀬卓・澤井繁男訳『カルダーノ自伝』(1995・平凡社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カルダーノ
(Girolamo Cardano ジロラモ━) (Hieronymus Cardanus) イタリア、ルネサンスの数学者、医師、哲学者。代数方程式の理論を開拓。(一五〇一‐七六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルダーノ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カルダーノの関連情報

関連キーワード

文亀サファビー朝ルターの家イスマーイール1世サファビー朝ペトルッチ不登校児童生徒数策彦周良サファビー朝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation