@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カルチャーセンター

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カルチャーセンター
culture center
企業が経営する各種の文化教養講座。経営主体は新聞社放送局などのマスコミ系,デパートなどの流通系企業が多い。講座の内容は大きく分けて,茶道生花美術語学などのお稽古事的なものと,教養的な文化講演的なものとがある。いずれも,1970年代なかばから,電化製品の導入により家庭の主婦に時間的余裕が生じた結果,教養を身につけたいという欲求に応えて登場したものである。これによって,主婦に新しい交遊の機会を与えただけでなく,カルチャーセンターで学んだ主婦からプロの作家が輩出されるなど,新しい流れが生れた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

カルチャーセンター
民間が設置している生涯学習施設の一般的な呼称。既に1960年前後に設けられていたが、都市中心に全国に普及し始めたのは60年代半ば以降。実施主体は新聞社系、デパート系、放送局系、その他に分かれている。89年、全国民間カルチャー事業協議会が組織された。近年では(自治体)が施設を提供、民間が運営する公設民営方式が登場。
(新井郁男 上越教育大学名誉教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

カルチャー‐センター(culture center)
新聞社・デパートなどが主催する、社会人を対象とした常設の教養講座。カルチャースクール。
文化施設が多く集まっているところ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

カルチャーセンター
趣味・教養講座を指すが、英語では「文化の中心」の意味になってしまうので、ご注意。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

精選版 日本国語大辞典

カルチャー‐センター
〘名〙 (洋語culture center)
① 文化施設が多く集まっているところ。
② 文化関係を主とした教養講座の集合体。
※にんげん動物園(1981)〈中島梓〉四五「カルチャーセンターで時間つぶすヒマなどなかったにちがいない」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルチャーセンター」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カルチャーセンターの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation