@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カルニチンアシルトランスフェラーゼ

栄養・生化学辞典

カルニチンアシルトランスフェラーゼ
 カルニチンアシルCoAからO-アシルカルニチンを合成する反応を触媒する酵素の総称.[EC2.3.1.7]はカルニチンO-アセチルトランスフェラーゼで,ミトコンドリアマトリックスペルオキシソームなどの可溶性画分に存在する酵素.[EC2.3.1.21]は,ミトコンドリアの外膜に存在し,ミトコンドリアに脂肪酸を運搬する量を調節する機能があり,β酸化経路で代謝される脂肪酸の量を調節する酵素.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルニチンアシルトランスフェラーゼ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カルニチンアシルトランスフェラーゼの関連情報

関連キーワード

コエンザイムAアセチルCoAアシル活性化酵素β酸化脂肪酸コハク酸CoAリガーゼ(GDP形成)脂肪酸生合成阻害型除草剤TCA回路アセトアセチルCoAグリオキシル酸回路

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation