@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カルバドス

デジタル大辞泉

カルバドス(〈フランス〉calvados)
フランス北部ノルマンディー地方のカルバドス県特産の、りんご酒から造るブランデー

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

カルバドス
 リンゴでつくるブランデーの一種.フランスのカルバドス県で生産されるもの.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カルバドス【calvados[フランス]】
北フランス,ノルマンディー地方カルバドス県産のアップルブランデー。シードル(リンゴ酒)を,コニャックと同様にシャラント型ポットスチルで2回蒸留し,オークの樽に詰めて熟成させたものだが,この呼称を許されるのはオージュ地方とその周辺の指定された地区のものに限られ,それ以外はオードビシードルの名で呼ばれる。カルバドスはこはく色で,独特の芳香があり,アルコール分40~45%,高級品には50%以上のものもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

飲み物がわかる辞典

カルバドス【calvados(フランス)】

フランス北西部のノルマンディー地方カルバドス県に産する、りんごでつくるブランデー黄褐色で、華やかな香りがある。アルコール度数は40~50度。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

カルバドス
かるばどす
calvados フランス語

カルバcalvaともいい、フランス、ノルマンディー地方のカルバドス県でつくられる、りんご酒(シードル)を蒸留したブランデー。この地方は寒くてブドウの栽培に適さないため、りんご酒の生産が盛んである。カルバドスは、とくにペイ・ドージュ地区のものが有名で香気も高い。ほかの地区のものはリンゴ・ブランデーとよばれる。レマルク作『凱旋門(がいせんもん)』の主人公ラビック愛用の酒として日本では名を知られているが、フランスでは高級酒とされていない。

[秋山裕一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カルバドス
〘名〙 (calvados) フランス、ノルマンディー産のりんごを原料としたブランデー。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルバドス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カルバドスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation