@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カルバン主義【カルバンしゅぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カルバン主義
カルバンしゅぎ
Calvinism
宗教改革者カルバンの影響を受けて展開したプロテスタント主義の一系統をさす。改革派教会あるいは長老派とも呼ばれる。そのなかにはカルバン自身の考え方を修正,変形したものも含まれる。旧・新約聖書の本質的一致,神の主権と自由,国家に対する教会の自由の強調などを特徴とするが,なかにはこれらを形式的に強調するあまり,聖書が一言一句神の霊感を受けたとする逐語霊感説や,神の救いは人間の意志とは無関係にすでに決定されているとする決定論的予定説なども説かれ,オランダではアルミニウス派の反発を招いたが,ドルト教会会議 (1618~19) は,このような厳格な形式主義的理解を貫いた。しかし,他方カルバンの精神は,イギリス国教会ではピューリタンに影響を与え,ドイツ西部ではメランヒトン神学思想と触れることによって,ハイデルベルク信仰問答 (1563) にみられるような穏健なドイツ・カルバン主義を生んだ。さらに旧約と新約とを契約という一点において統一的に理解するカルバンの思想はコクツェーユス契約神学を生み出した。国家に対する教会の自由の強調はユグノー,ピューリタンを経て人民主権の思想を育成し,その労働の倫理 (世俗内禁欲) は初期資本主義の思想的基盤となった (M.ウェーバー) 。経済的には,カルバンの教説は利潤追求を積極的に肯定したため,新興市民階級に受入れられて資本主義精神の根底となったとされている。また政治的には,カルバン主義は教会組織や信仰態度において平等主義や個人主義を鼓吹したので,人民主権理念に立つ民主主義運動の源泉となったとされている。事実,ピューリタン革命,ユグノーの闘争,オランダ独立戦争などにおいてカルバン派は民主主義の旗手であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カルバン‐しゅぎ【カルバン主義】
カルバン主張に基づく、キリスト教プロテスタント教義。聖書を最高の権威と考え、組織的な神学を樹立し、厳格な信仰生活を強調。長老派会衆派バプテストなどの諸教会に大きな影響を与え、さらに政治・経済・社会・思想の各分野にわたって、英国や米国でも近代市民社会の成立に大きく貢献した。カルビニズム

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カルバン‐しゅぎ【カルバン主義】
〘名〙 カルバンの教説に基づくキリスト教のプロテスタント主義。聖書を最高の権威と考え、教会の建設を行ない、厳格な教会規程によって、近代社会の成立に貢献。カルビニズム。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルバン主義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カルバン主義の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation