@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カルビニズム

世界大百科事典 第2版

カルビニズム【Calvinism】
広義においてはカルバンの思想,あるいはカルバンの影響を受けた思想を意味し,したがって改革派教会信仰と思想をさすが,しばしば狭義において17世紀に特にイギリスで厳格な〈預定論〉を奉じた神学思想をいう。すなわちアルミニウス主義の反対概念である。さらに19世紀末以後オランダコイペルAbraham Kuyper(1837‐1920)が首唱したネオ・カルビニズムはカルビニズムを世界観として政治と学問の全領域に適用しようとする。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

カルビニズム
かるびにずむ
Calvinism

宗教改革者カルバン(1509―1564)の神学から出発し、発展していったプロテスタントの思想。ルターに発する教会的伝統はルター派と総称されるが、カルバンの名を公に付する教会は実際問題として存在しない。しかしカルバンの宗教思想は広く深い伝統を形成することになった。第二世代の宗教改革者としてのカルバンは、第一世代のルターやツウィングリから多くを学び、基本的には「信仰のみ」「聖書のみ」の二大原理においては合致するが、なおカルビニズムの特色を求めようとする努力も理由がないわけではない。

 多くの場合、カルバン神学の中心教義は何かという形で論じられる。カルバンのジュネーブにおける直接の後継者T・ベザ(ド・ベーズThéodore de Bèze。1519―1605)を含めて、これを予定論、すなわち、ある者は救いに、ある者は滅びに予定されているという主張にこれを求めることが少なくない。他方、カルバンの著述の多くが「ただ神にのみ栄光あれ」Soli Deo Gloriaという賛辞で終わることに暗示されるように、中心教義を「神の主権性」とみる立場も説得力があることになる。あるいは、ルターとの対比で、聖書本文に密着するカルバンの姿勢から、忠実な聖書主義を数えることも可能であり、さらには『旧約聖書』『新約聖書』の等しい位置づけから、それを一貫する神の契約という理念を中心に据えても誤りではないであろう。いずれにしても、前述の二大原理の具体的表出にほかならない。

 カルビニズムは地理的伸張と時代の移行に応じて、強調点にもいくつかの相違がみられる。すでにベザとその周辺に始まるプロテスタント正統主義は、フランスのユグノー派やオランダの改革派へと波及してアルミニウス論争に至り、1618~1619年のドルドレヒト宗教会議でようやく決着をみた。

 他方、ライン川沿いのファルツ(プファルツ)侯国の改革派教会では、「ハイデルベルク信仰問答」の執筆者オレビアヌスCaspar Olevian(1536―1587)およびウルジヌスZacharias Ursinus(1534―1583)らに始まって、カルバンのなかの契約思想に注目する傾向が、17世紀に入るとオランダのコッツェーユスにおいて契約神学Föderaltheologieとして開花、定着した。そこから生まれた「救済史」Heilsgeschichteの概念は、現代に至るまで広い支配的影響力をもっている。同じ17世紀のカルビニズムでも、アングロ・サクソンの地では新大陸を含めて、生活全体の聖化を目ざす清教徒主義(ピューリタニズムPuritanism)の形をとり、個人の生のみでなく国家・社会全体にまで広げられるとき、しばしば国家権力や社会の要求と対立し、激しい衝突を生み、清教徒(ピューリタン)革命にまで至る。

 近代西欧世界の形成に深くかかわり、ついにはそのなかに埋没したかにみえたカルビニズムを救い出し、原初の姿に戻すことを企図したA・カイパーAbraham Kuyper(1837―1920)らの新カルビニズム運動は、今日のカルバン研究の隆盛を招く一因ともなった。またK・バルトらの弁証法神学も広くみればカルビニズム復興の努力といえるであろう。

[出村 彰 2018年1月19日]

『John T. McNeillThe History and Character of Calvinism (1954, Oxford University Press, New York)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カルビニズム
〘名〙 (calvinism) =カルバンしゅぎ(━主義)〔新しき用語(1921)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カルビニズム(Calvinism)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルビニズム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カルビニズムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation