@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カルボキシペプチダーゼ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カルボキシペプチダーゼ
carboxypeptidase
膵臓や小腸粘膜から分泌される酵素で,蛋白質ペプチドのC末端 (カルボキシル末端) のアミノ酸を切り離す働きをする。膵臓からプロカルボキシペプチダーゼの形で分泌され,それが十二指腸トリプシンまたはエンテロキナーゼによって活性化されて本酵素となる。中性および酸性アミノ酸に働く酵素A (酵素番号 3.4.2.1) と,リジンやアルギンに特異的に働く酵素B (酵素番号 3.4.2.2) の2つの型がある。そのほか,あるアミノ酸に選択的に作用する金属酵素が動物や微生物にある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

カルボキシペプチダーゼ
 ペプチド鎖のカルボキシル末端から順次アミノ酸を遊離するペプチド結合加水分解酵素.代表的な酵素に膵臓の分泌するカルボキシペプチダーゼA[EC3.4.17.1]やカルボキシペプチダーゼB[EC3.4.17.2]がある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かるぼきしぺぷちだーぜ【カルボキシペプチダーゼ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

カルボキシペプチダーゼ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カルボキシペプチダーゼの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation