@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カルメル会【カルメルかい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カルメル会
カルメルかい
Ordo Carmelitarum; Carmelite Order
パレスチナのカルメル山に起源をもつ修道会カルメル山は旧約聖書のエリヤの頃から隠者らが住んでいた。 1154年カラブリアのベルトルドゥスが旧跡に修道院を新設したが,やがてサラセン人の攻撃とともにヨーロッパに移り,13世紀前半から西ヨーロッパ各地,特に大学都市を中心にカルメル会修道院がつくられていった。 14~15世紀にまたがるペストの流行で修道士の数は減少し,規律の弛緩をみたが,やがて各地に改革の運動が起り,1562年スペインにアビラテレサが女子の,68年十字架ヨハネが男子の改革修道院を創立してから大きく成長した。これが跣足 (せんそく) カルメル会 O. C. Discalceatorumであり,原始戒律に従う。これに対し緩和された戒律に従うものを履足カルメル会 O. C. Calceatorumという。双方とも教育,布教を行うが,跣足カルメル会はその2人の改革者を頂点とする神秘思想で知られるように観想生活を中核としている。日本には 1933年女子跣足カルメル会が渡来して観想生活をおくっているが,51年以後男子跣足カルメル会もベネチア,ミラノから相次いで来日,名古屋,東京,金沢などの都市で宣教,司牧にあたっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カルメル‐かい〔‐クワイ〕【カルメル会】
《〈ラテン〉Ordo Carmelitarumカトリック修道会の一。観想をとし、カルメル山修道僧とする。13世紀に認可され、16世紀には跣足(せんそく)カルメル会が成立多数神学者・神秘家を輩出

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カルメルかい【カルメル会 Ordo Fratrum Carmelitarum[ラテン]】
カトリック観想修道会の一つ。〈カルメル山の至聖乙女マリアの会Ordo Fratrum B.Mariae Virginis de Monte Carmelo〉とも呼ばれる。1155年カラブリアのベルトルドゥスがシナイのカルメル山のエリア洞窟の近くに隠修生活を始め,その後継者ブロカルドゥスは1209年エルサレム総大司教アルベルトゥスに修道規則を願い,教皇ホノリウス3世も26年これを認可した。教皇インノケンティウス4世は47年カルメル会を托鉢修道会となし,教皇エウゲニウス4世は1432年その修道規則を緩和した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

カルメル会
かるめるかい
Ordo Carmelitarum ラテン語

観想を旨とするキリスト教修道会の一つ。パレスチナのカルメル山を発祥の地とする。その伝説上の開祖は旧約の預言者エリヤと弟子のエリシャで、こうした旧約時代以来の伝統を引く隠修士たちが、古い時代からこの地に集まり住んでいたことが確認されている。13世紀になって正式な修道会として認可され、さらに托鉢(たくはつ)修道会の一つに数えられて、一般の司牧活動にも従事するようになった。イスラムによるパレスチナ占領に伴い、会は西ヨーロッパに移住し、イギリスはじめ各地に広まった。中世末期から会則の緩和に伴う規律の弛緩(しかん)をみたため、総長ヨハネス・ソレト(?―1471)は新たな会憲を定めるなど、会の改革に努力した。16世紀に入るとスペインで、テレサ・デ・ヘスス(1515―1582)、十字架のヨハネ(1542―1591)らによる改革運動が起こり、1593年改革派は跣足(せんそく)カルメル会として、緩和された会則を守る履足(りそく)派から独立するに至った。その後跣足派は、アフリカやアジアに向け宣教活動を行うなどして世界各地に広まり、日本にも1933年(昭和8)女子跣足カルメル会が、1952年(昭和27)には男子跣足カルメル会が渡来して、現在東京、金沢、京都などに、七つの女子修道院、五つの男子修道院を開いている。

 カルメル会は共同生活を営みながら、祈りと黙想のなかで神の愛の実現を目ざすもので、1日2時間の黙想が義務づけられ、厳格な生活を営む。古来、聖母尊崇も盛んで、「カルメル山の聖母の修道会」ともよばれる。また前記のテレサ、ヨハネをはじめ、リジューのテレジアら多くの神秘家、神学者を輩出し、現在もキリスト教神秘思想における大きな潮流を形成している。

[鶴岡賀雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

カルメル‐かい ‥クヮイ【カルメル会】
(カルメルはCarmel) ローマ‐カトリック教会に属する戒律の厳しい修道会。観想を主としたが、のち布教や教育に従事。一二世紀に、十字軍兵士ベルトルドがカルメル山で隠修共同生活を行なったことが端緒。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルメル会」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カルメル会の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation