@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カルロビバリ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カルロビバリ
Karlovy Vary
ドイツ語ではカルルスバート Karlsbad。チェコ西部,チェヒ (ボヘミア) 地方西部の都市。プラハの西約 120km,ラベ (エルベ) 川の支流のオフジェ川とテプラー川の合流点に位置する。世界的に有名な温泉都市で,1347年に神聖ローマ帝国カレル (カルル) 4世によって温泉保養地として建設されたといわれるところから,この名がある。 42~72℃のいくつかの泉源に恵まれ,観光,保養のために訪れる人が多い。町が急速に発達したのは 18~19世紀で,ベートーベンショパンゲーテシラーなども訪れている。ガラス製品,陶器,リキュール酒 (ベヘロフカ) は特産。ここで保養した有名人のが町のいたるところにあり,観光の名所になっている。1年おきに国際映画祭が開催されている。人口5万 6291 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カルロビバリ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カルロビバリの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation