@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カレイ

栄養・生化学辞典

カレイ
 マガレイ(brown sole,small-mouthed sole)[Pleuronectes herzensteini],マコガレイ(marbled sole)[Pleuronectes yokohamae],イシガレイ(stone flounder)[Kareius bicoloratus],メイタガレイ(finespotted flounder,frog flounder)[Pleuronichthys cornutus],マツカワ(barfin flounder)[Verasper moseri]など.カレイ目カレイ科の海産魚.食用にする.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

カレイ
アメリカ、クロス社のボールペンの商品名。太軸。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

カレイ
かれい / 鰈
righteye flounders

硬骨魚綱カレイ目カレイ科、カワラガレイ科およびベロガレイ科の魚類の総称。ヒラメ類およびウシノシタ類とあわせて、英語でフラットフィッシュflatfish(扁平(へんぺい)な魚)とよぶ。カレイ科の魚類は世界の寒帯から温帯に、カワラガレイ科とベロガレイ科は温帯から熱帯域にかけて広く分布する。生息域はごく沿岸の浅所から深海にまで及ぶが、なかには川を上って淡水域にすむものもある。世界中で約100種が知られ、そのうち日本近海には40種余りが生息する。

[尼岡邦夫]

形態と分類

体は著しく扁平で、両眼が体の右側にある。つまり、腹側を手前(下)にして魚を置くと頭が右側を向く、いわゆる「左ヒラメに右カレイ」である。背びれは目の近くから、そして臀(しり)びれは肛門(こうもん)の直後から始まり、ほとんど似た形をし、尾柄(びへい)まで達する。両方のひれは尾びれと連ならない。側線は体の中央を直走し、胸びれの上方でわずかに上昇する種類と強く湾曲するものとがある。体は有眼側では暗紫色から淡褐色で、普通、顕著な斑紋(はんもん)がない。無眼側は一般に白色だが、ごく一部の種類では鮮やかな黄色の帯や斑(ふ)を出現させたり、暗灰色を呈したりする。

 カレイ類は、(1)一般によく知られているカレイ科と、(2)なじみのうすいカワラガレイ科とベロガレイ科とに、二分される。カレイ科は、マコガレイ、マガレイ、メイタガレイなど大部分のカレイを含み、側線が体の両側でよく発達し、背びれが目の上方から始まる。体は大形で肉は厚く、水産業上重要である。この群は寒海系で北日本に多く産し、一般に日本がこれらの種類の分布域の南限となっている。一方、カワラガレイ科はカワラガレイだけを、ベロガレイ科はツキノワガレイ、ハタタテガレイ、ベロガレイなど数種を含み、無眼側に側線がないか痕跡的で、背びれが普通は目の前方から始まる。全長15センチメートルぐらいの小形種で、肉も薄く水産業上の価値がない。両科のカレイ類は熱帯系で南日本の深所にすみ、日本がこれらの種類の北限となっている。

 カレイ群は便宜上、口の大きさでさらに三つのグループに分けられている。大口ガレイはアブラガレイ、カラスガレイ、オヒョウ、アカガレイ、ソウハチ、ムシガレイなどで、上あごの長さは頭長の3分の1以上である。中口ガレイはマツカワとホシガレイで、上あごの長さは頭長の3分の1である。小口ガレイはメイタガレイ、マコガレイ、ヌマガレイ、イシガレイ、ヤナギムシガレイ、ヒレグロ、ババガレイなどで、上あごの長さは頭長の3分の1以下である。大口ガレイは一般に強くて大きい犬歯状の歯をもち、魚類をとらえるのに適している。小口ガレイは歯が円錐(えんすい)状で小さく、唇(くちびる)はいくぶん肥厚し、泥の中に潜む多毛類や小形動物を食べるのに適している。カワラガレイ科とベロガレイ科はいずれも口が小さいが、カワラガレイ科には無眼側に胸びれがあり、ベロガレイ科にはこの鰭(ひれ)がないことで簡単に分類される。

[尼岡邦夫]

奇形

カレイ類には奇形魚がよく出現する。たとえば、上眼は移動に失敗して頭部の背縁で止まり、背びれの前端が切れ込み、そして無眼側は有眼側と同じように着色する。このような奇形を両側(りょうそく)有色現象とよぶ。また、逆に有眼側に色素が発達せず、無眼側と同じ白色である奇形を白化現象という。奇形は人工受精によって得た仔魚(しぎょ)に多く出現する。仔魚の飼育時の餌(えさ)、光、水温などの要因が考えられている。カレイ類は目の移動という特異な変態をすることと関係があると考えられている。そのほか、カレイでありながら、ヒラメのように左側に目のある側面逆位もまれに出現する。

[尼岡邦夫]

生活史

産卵期は早春から初夏にかけての種類が多く、日本では南方ほど早い。この時期には普通沿岸近くに集まってくる。卵は一般に分離浮性卵で、油球はない。しかし、マコガレイ、アサバガレイなどの卵は粘着性である。卵の大きさは種類によって異なり、その径はソウハチの0.5ミリメートルぐらいからオヒョウの4ミリメートルたらずまであるが、1.5ミリメートル前後のものが多い。孵化(ふか)仔魚の体長はオヒョウの11ミリメートルを除けば、3~4ミリメートルのものが多い。

 仔魚は左右相称で体の両側に目をもち、普通の魚となんら変わらない。しかし、10ミリメートル前後になると、左側の目が頭の背面を経由して右側へ移動する。目の移動が終わると体が横倒しとなり、底生生活をするようになる。この期の稚魚は普通沿岸の浅所で生活しているが、成長につれてだんだん深所へ移動していく。ほとんどの種はそれほど大きな移動をしないが、なかには産卵期に回遊をする種も存在する。普通、雌は雄よりも長生きする。

[尼岡邦夫]

漁業

カレイ類は、日本では昔から有用魚種として、毎年安定した漁獲量を保ってきていた。1960年(昭和35)以降、北洋漁業によってこの類の漁獲量が飛躍的に増加した。北洋で漁獲対象となったカレイは、ロスケガレイ(商品名黄金(こがね)ガレイ)、ツノガレイ(商品名黄ガレイ)、ウマガレイ(商品名白ガレイ)などで、冷凍ガレイとして販売されている。1980年代からは領海200海里の影響もあり、漁獲量は著しく減少している。漁具は主としてトロールであるが、国内では底刺網(そこさしあみ)、延縄(はえなわ)などによっても漁獲される。マコガレイ、イシガレイ、マガレイなどは釣り人の好対象魚となる。近年、マコガレイ、ヌマガレイ、ムシガレイ、イシガレイ、マツカワなどの増養殖は各地で行われてきている。

[尼岡邦夫]

釣り

種類の多いカレイ類のなかで、マコガレイ、イシガレイ、マガレイ、ヌマガレイなどが釣りの対象にされている。とくに北日本では種類も多い。釣り期は地方により差があるが、冬から春にかけてが中心である。釣り方には船釣りと投げ釣りがある。

 船釣りは、2メートル前後の先調子リール竿(ざお)に船用片てんびんをつけ、二本鉤(ばり)かカレイ専用てんびんに二本鉤で、ハリスの太さをあまり気にしなくてもよい。餌(えさ)はゴカイ、イソメ類、アサリ、ハマグリのむき身、エビなど。オモリを海底につけて、竿先を5、6回上下に小刻みに動かして餌を踊らせるようにする。そして、オモリが海底をたたく感じから、砂煙をたててやり、カレイを誘う。

 投げ釣りは、3.6~3.9メートルの専用竿で、オモリ負荷20号から30号調子のものを用い、スピニング・リールをつける。仕掛けは二、三本鉤。餌はイソメ類。2~3分に1回、2~3メートルずつ誘ってリールを巻く。

[松田年雄]

食品

カレイは、種類により味に差があり、それぞれに適した食べ方がある。マコガレイ、マガレイ、イシガレイは刺身にしておいしい。煮物には、マガレイ、メイタガレイ、マコガレイ、イシガレイが、から揚げにはメイタガレイが味がよい。メイタガレイは、背びれの付け根に特有のにおいがあるのでこの部分を除く。ヤナギムシガレイ、ムシガレイは水分が多く、生のままでは水っぽいので、干して食べるのがよい。

 そのほかのカレイは、練り製品の材料として用いられることが多い。刺身にできるものは、バター焼き、ムニエル、フライなど洋風料理にも使える。ひれの付け根の部分の肉はとくに「縁側(えんがわ)」と称し、刺身にすると味がよい。一般に産卵期が味がよいが、カレイの種類により時期が異なる。栄養的にはほかの魚よりタンパク質はやや低く、魚体の可食部分が少ない。

[河野友美・大滝 緑]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カレイ
カレイ科」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カレイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カレイの関連情報

関連キーワード

ナタリー コーグリンナタリー コーグリンマイケル フェルプスラノミ クロモビジョヨ期待値ラノミ クロモビジョヨネーサン エードリアンシェリー・アン フレーザー・プライスネーサン エードリアンリスベス トリケット

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation