@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カロザース

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カロザース
Carothers, Wallace Hume
[生]1896.4.27. アイオワ,バーリントン
[没]1937.4.29. フィラデルフィア
アメリカの化学者。イリノイ大学で学位取得,同大学とハーバード大学で有機化学を教えた。 1928年デュポン社の有機化学研究所の所長に就任し,重合体を研究して合成ゴムネオプレン (1931) ,ポリアミドナイロン 66 (35) を発明した。に対抗できる合成品を目指して広範囲の実験計画を立て,系統的にナイロンの発明に到達したことは有名である。強度の憂鬱症のため 41歳で自殺した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カロザース(Wallace Hume Carothers)
[1896~1937]米国の化学者。高分子重合を研究し、1931年に合成ゴムネオプレン、1937年にナイロンを発明。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

カロザース Carrothers, Julia
?-? アメリカの宣教師。
明治2年(1869)長老派教会宣教師の夫C.カロザースとともに来日。翌年,東京築地居留地に女子学院の前身のひとつA6番女学校を創立した。9年夫の広島英語学校赴任により学校を閉鎖し,のち帰国。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

カロザース Carrothers, Christopher
1840-? アメリカの宣教師。
明治2年(1869)アメリカ長老派教会から派遣され,夫人とともに来日。東京築地の居留地で伝道し,英語私塾をひらく。7年東京第一長老教会を設立。のち宣教師を辞し,文部省のお雇い教師となり,広島英語学校などで教鞭をとる。11年帰国したが,翌年再来日し,二高などでおしえ,29年帰国。カロゾルスともよむ。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)

カロザース
かろざーす
Wallace Hume Carothers
(1896―1937)

アメリカの化学者。ナイロンの発明者として有名。アイオワ州バーリントンに生まれる。商業高校教員を父にもち、薄給による貧しい生活をしつつ苦労しながらターキオ大学とイリノイ大学を卒業した。両大学を選んだのも学費のための収入を保証されたことが条件であった。イリノイ大学では接触還元の研究で1924年に学位をとり、同大学で講師の口を得、のちにハーバード大学の講師となった。1928年、デュポン社が基礎研究部門を拡充するにあたり、請われてその部長の職についた。そのとき32歳であった。以降10年近くの研究が発展をみせ、企業がその恩恵によって躍進を遂げている最中に、その職についたまま41歳で自ら命を絶った。それは企業活動の荒々しさを示す一つのしるしであったし、また、科学者が研究に自主性を貫くことを許さない、企業というものの性格について、見通しの甘かったことからおこった不幸な例でもあった。

 科学思想の面では、ラングミュアやルイスの電子理論を有機化学の分野に応用する、というはっきりとした目的意識をもっていた。このことが、彼の研究を、新しい領域であるにもかかわらず成功に導いた要因であった。デュポン社の基礎研究所には高分子化合物の合成というテーマをもって就職した。そこで初めに成功した合成物質がクロロプレンゴム(1929)である。当時合成ゴムは、軍需物資としての緊急性があるとして強く求められており、天然ゴムのイソプレン、イー・ゲー・ファルベン社のブタジエンを手本に構造が設計された。完成した合成ゴムはデュプレンと名づけられた。次の成功はポリアミドの合成(1934)である。設計はエステル類をモデルにし、酸とアルコールの縮合に目標が置かれた。さらに数多くの原料物質が試みられ、多くの重合研究が繰り返された結果、アジピン酸とヘキサメチレンジアミンから目的物が得られた。それがナイロンである。

[川又淳司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カロザース」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カロザースの関連情報

関連キーワード

樋口一葉深刻小説内閣総理大臣フォーレシモンズ(Arthur Symons)[各個指定]芸能部門ピエール キヤールオリンピックアテネアルベニス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation