@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カワゲラ

日本大百科全書(ニッポニカ)

カワゲラ
かわげら / 襀翅

stonefly 英語
Steinfliegen ドイツ語

昆虫綱カワゲラ目の昆虫の総称。襀翅(せきし)類(目)ともいう。カワゲラ目Plecopteraは、体の構造は比較的原始的で、直翅目系の昆虫の特徴を示している。口器は退化的傾向が強い。前翅と後翅はほとんど同じ構造であり、また脚(あし)の基節が小さいことなどから直翅目とは完全に異なる。現代のカワゲラ類は古生代ペルム紀(二畳紀)の原カワゲラ目Protoperlariaを直接の祖先型としているといわれている。

 カワゲラ類の成虫は、すべて陸生で空中を飛翔(ひしょう)するが、幼虫はすべて水生で流水中や池などに生息する。成虫は水辺近くを飛翔し、水辺の草や橋脚に止まり、前翅を後翅の上に積み重ね合わせて腹部の背面上に置き静止する。これが襀翅目の名のおこりである。

 成虫は褐色または淡黄色の8~30ミリメートル前後で、膜質の2対のはねをもつのが普通であるが、セッケイカワゲラ類やトワダカワゲラ類ではまったくはねをもたない。また、種属によっては、同種または雌雄によってはねの長さの極端に異なるものがある。また、成虫は一般に食物をとらないが、小形の種属では岩の上や樹幹に生育する地衣類やコケ類を摂取する。

 カワゲラの幼虫はすべて水生で、澄んだ水が緩やかに流れる山間の渓流などに多くみられ、平地でも汚染されてない川には生息し、石の下や沈んだ葉の間にすむ。幼虫ははねをもたないことを除いて、体の構造は成虫とあまり変わらない。比較的じょうぶな体で、水中の石礫(せきれき)の間を歩く。大形種では顕著な色彩と斑紋(はんもん)があり、その斑紋によって種名を知ることができるが、変異が多いので注意を要する(アミメカワゲラ科、カワゲラ科など)。小形種では一様に褐色あるいは淡黄褐色で斑紋はなく、種名の同定はむずかしい(オナシカワゲラ科、クロカワゲラ科など)。また、幼虫の外見はカゲロウの幼虫に似ているが、カワゲラは脚のつめが2本、胸部腹面または腹部末端にえらがあることなどから容易に識別できる。一般に気管えらをもつが、まったくもたない種属もある。気管えらのある位置は種属によって異なるが、これは分類上重要であり、その系統的な意義も大きい。幼虫の期間は種属によって異なり、1~3年といわれているが、まだ十分にはわかっていない。幼虫の食性は、だいたい大形種では肉食性ないしは肉食傾向の強い雑食性であり、小形種で草食性である。食性は幼虫の口器と対応しており、口器を見れば肉食性であるか、草食性であるか容易にわかる。幼虫は不完全変態であり、蛹(さなぎ)の時期はなく、羽化は比較的湿度の高い早朝に行われる。

 このところ、走査電子顕微鏡によるカワゲラ卵の表面構造の観察研究が盛んで、とくに大形種の研究では系統関係を論ずることができるまでに発展している。カワゲラの幼虫は渓流奥の天然餌料(じりょう)として重要であるとともに、渓流魚の釣りの餌(えさ)(クロカワムシ)としても、カゲロウの幼虫(チョロムシ、オセコ)やトビケラの幼虫(瀬虫)と同様に利用されている。

 近年、カワゲラ類の成虫および幼虫の比較解剖学的見地から、カワゲラ目をミナミカワゲラ亜目Antarctoperlariaとキタカワゲラ亜目Arctoperlariaの2亜目に分類している。前者は原始的な亜目で、おもに南半球に分布するのに対し、後者は前者よりもより高度に分化した亜目で、おもに北半球に分布する。日本にはキタカワゲラ亜目に、トワダカワゲラ科、ミジカオカワゲラ科、オナシカワゲラ科、クロカワゲラ科、ハラジロオナシカワゲラ科、ヒロムネカワゲラ科、アミメカワゲラ科、カワゲラ科、ミドリカワゲラ科の9科が知られている。

[川合禎次]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カワゲラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カワゲラの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation