@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カワニナ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カワニナ
Semisulcospira libertina; melanian snail
軟体動物門腹足綱カワニナ科の巻貝高 3cm,殻径 1.2cmであるが,殻高 6cmに達する個体もある。日本の河川では石灰質分が少いため,螺層の殻頂部がむしばまれて脱落し,3~4層のことが多い。殻表は黄緑色地に黒褐色の色帯があるが,普通は藻類が付着して黒色になっている。殻口は卵形,ふたは革質で褐色。卵胎生で,母体内に数百の褐色の胎貝をもっている。北海道南部から台湾まで分布し,河川の流れのある砂礫底にすむ。横川吸虫の第1中間宿主となる。ホタルとなるためホタルの多いところにすんでいるということから,ホタルガイという地方もある。近縁チリメンカワニナ S.reinianaはやや流れのゆるやかな河川を好み,染色体数も異なるとされるが,カワニナの種内変異とする考えもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

カワニナ
かわにな / 川蜷
melanian snail
[学] Semisulcospira libertina

軟体動物門腹足綱カワニナ科の巻き貝。淡水性の種で、北海道南部から日本全国を経て、台湾まで分布し、殻高60ミリメートルに及ぶ個体もあるが、通常は殻高30ミリメートル、殻径12ミリメートルぐらい。螺塔(らとう)は完全であれば10階を超えるが、殻頂部は侵されて欠けているのが普通で、最後の3層が残る程度のものが多い。これは日本の淡水にはカルシウムが少ないためで、カワニナに限らず淡水性貝類では殻頂部が侵食されている場合が多い。殻表は黄緑色で、黒褐色の螺状帯もあるが、老成すると汚れて真っ黒になる。流れの比較的弱い川や池沼の泥の多い水底をはう。卵は雌貝の体内でかえるので、母体内に数百にのぼる胎児貝をもつ。肺吸虫の第一中間宿主(第二中間宿主はサワガニやザリガニ)や横川吸虫の第一中間宿主(第二中間宿主は淡水魚)となる。近似種は多く、チリメンカワニナS. reinianaやヒタチチリメンカワニナS. tracheaなど、日本には同属が9種あり、とくに琵琶湖(びわこ)水系には特産種が5種もいる。以前は地方によって食用とされたが、現在はほとんど利用されていない。

[奥谷喬司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カワニナ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カワニナの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation