@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カワヤツメ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カワヤツメ
Lethenteron japonicum
ヤツメウナギ目ヤツメウナギ科の魚。俗にヤツメウナギというのは本種をさす。全長 60cm。体はウナギ形で,尾鰭黒色。口は吸盤になっていて,両顎はない。鰓孔は 7対。鼻孔は頭の正中線上に 1個ある。海で成長し,夏頃河川上り,翌春砂礫底に産卵する。アンモシーテス幼生を経て夏から秋に変態し,15~20cmの大きさになって翌春海に下る。ビタミンAを多量に含み,特に消化管に多く,夜盲症の薬とされる。茨城県・島根県以北,北海道,朝鮮半島からスカンジナビア半島アラスカに分布する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

カワヤツメ
 [Lethenteron japonicum].ヤツメウナギ目ヤツメウナギ科の魚.幼生期は河川に棲み,海に下り,産卵でまた河川にもどる生活をする.全長40〜50cmになる.食用にする.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かわやつめ【カワヤツメ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

カワヤツメ
かわやつめ / 川八目
arctic lamprey
[学] Lethenteron japonicum

頭甲綱ヤツメウナギ目ヤツメウナギ科に属する魚。太平洋側は茨城県、日本海側は島根県以北、北極海を取り巻く大陸に分布する。体長60センチメートルに達し、体は細長くウナギ形。目の後ろに7個の鰓孔(さいこう)が一列に並ぶ。上口の歯板の歯は2本で、側唇の歯は3対。尾びれの先端が黒いことでシベリアヤツメに似るが、第2背びれの先端が黒いこと、下口の歯板の歯は鋭いことなどで区別する。春から夏に河川の上流の砂礫(されき)底に雄が産卵床をつくる。雄は雌の頭に吸い付き、体を巻き付けて産卵し、産卵後は雌雄とも死ぬ。産み付けられた卵は直径約1ミリメートル。全割型の卵発生を行うことで特異である。春から夏に河川の上流の砂礫(されき)底に産み付けられた卵は、孵化(ふか)後4年間をナメクジウオに似たアンモシーテスammocoetesとよばれる幼生生活ののち、海に下って2~3年間過ごす。その間、サケ・マス類、カレイ類、タラ類の血を吸って成長する。袋網、叉手(さで)網、刺(さし)網、ヤツメ筌(うけ)で漁獲し、蒲焼(かばや)きなどにされる。環境省のレッド・リスト(2013)で、絶滅の危険が増大している、絶滅危惧種Ⅱ類に指定されている。

[落合 明・尼岡邦夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カワヤツメ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カワヤツメの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation