@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カワラニンジン【かわらにんじん】

世界大百科事典 第2版

かわらにんじん【カワラニンジン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

カワラニンジン
かわらにんじん / 河原人参
[学]Artemisia apiacea Hance
キク科の一、二年草。茎は高さ0.4~1.5メートル。葉は2回羽状に深裂し、裂片の先は鋭く、両面無毛で、ニンジンの葉に似る。根出葉は集まってつくが、茎の葉は互生する。8~9月、茎上部が多く分枝し、円錐(えんすい)花序をつける。頭花は球状で、径5~6ミリメートル、下向きに開く。本州から九州の畑や川岸、荒れ地などに生え、朝鮮、中国にも分布する。薬用植物として輸入されたものが、帰化したと考えられている。[小山博滋]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カワラニンジン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カワラニンジンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation