@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カワラバト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カワラバト
Columba livia; rock dove
ハト目ハト科全長 29~37cm。家禽化された伝書バトやレースバトの原種。家禽化されたものが野生化したものをドバトと呼ぶ。羽色頭部,胸,腹は灰青色で,頸や背の翼沿いは金属光沢があり,黄色や緑色,紫褐色の光沢を放つ。肩や雨覆羽灰色で,2本の黒い帯がある。風切羽と尾羽の先端部は黒く,腰は白い。家禽化されたものの羽色は多様である。ヨーロッパ西部,南部,北アフリカから南アジアに分布する。おもに岩崖のある海岸地帯と山地に生息し,岩崖の棚状部,建物の梁脚などに営する。家禽では多くの品種がつくられている。ドバトはアメリカ合衆国やオーストラリア,ヨーロッパから中央アジア,東アジア,日本など多くの国に生息する。原種の営巣生態が遺伝しており,ビルや橋の下の棚状部などに巣をつくる。そのため各地の都会でハトの糞などのが問題となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かわらばと【カワラバト】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

カワラバト
かわらばと / 河原鳩
rock dove
[学] Columba livia

鳥綱ハト目ハト科の鳥。伝書鳩、ストラッサーほかの食用鳩など、飼育下で500種以上もの品種を生んだ原種である。野生の系統は、イギリスから、地中海沿岸、北アフリカ、アラビア、西アジア、インド、ヒマラヤまで、また中国の渤海(ぼっかい)内陸部にも自然分布し、大西洋のアゾレス諸島などには人為的に移された。海岸の崖(がけ)や岩山を好み、岩の割れ目に小枝と枯れ草で皿形の巣をつくり、2卵を産む。雌雄が交代で抱卵する。いったん形成されたつがいは、一方が死ぬまで続き、繁殖期でないときにもいっしょに生活する。草の種子を採食する。全長約33センチメートル、全身灰青色で、頸(くび)には金属光沢がある。腰は白く、翼に2本、尾の先端に1本の黒い帯があるのが特徴である。一度飼育されて伝書鳩などの品種になったものがふたたび野生化したものをドバト(堂鳩)とよび、さまざまな羽色の変化がある。ドバトは都会のビルや橋桁(はしげた)などに巣をつくり、カワラバトとも自由に交雑し子孫を残す。このためヨーロッパでは本来の野生の系統のものが減ってしまった。日本にいるものはすべてドバトである。

[竹下信雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カワラバト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カワラバトの関連情報

関連キーワード

アズマギクカンムリバトカンムリワシジャコウネコビーグルキヌバネドリ(絹羽鳥)ケイマフリケツァール鉦鼓中原高句麗碑

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation