@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カワード

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カワード
Coward, Sir Noel Pierce
[生]1899.12.16. ミドルセックス,テディントン
[没]1973.3.26. ジャマイカ
イギリスの劇作家,俳優。幼時から舞台に立ち,20歳代初めには劇作にも進出。ほかに演出,作詞,作曲など活動範囲は多方面に及び,作品も悲劇やオペレッタまで含むが,最も得意とするのは『花粉熱』 Hay Fever (1925) ,『私生活』 Private Lives (30) などのように,複雑な男女の関係を軽妙洒脱なせりふで描いた喜劇。これらは不道徳と非難される一方,風習喜劇の伝統を継ぐものとして高く評価された。ほかに『陽気な幽霊』 Blithe Spirit (41) が有名。しばしば自作の舞台に立ち,また小説や自伝も書いた。 1970年,サーの称号を受ける。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カワード【Noël Pierce Coward】
1899‐1973
イギリスの俳優,劇作家。多芸多才と多作,豊かな機知で有名。子役として舞台に立ち,若い頃から劇作に進んでしばしば自ら演出や主演を兼ねた。作品は喜劇,メロドラマ,ミュージカル,レビューなど多方面にわたるが,最も有名なものは有閑階級の乱れた男女関係を乾いた筆致で描いた《花粉熱》(1925),《私生活》(1930),《生活の設計》(1933),《陽気な幽霊》(1941),《現在の笑い》(1942初演)などの風習喜劇である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

カワード
かわーど
Sir Noël Pierce Coward
(1899―1973)

イギリスの劇作家、俳優。少年時代から舞台に立ち、のち劇作、演出、作曲、映画シナリオ執筆、映画監督など多方面に進出。数多い戯曲は喜劇、メロドラマ、ミュージカル、レビューなど多岐にわたるが、風俗喜劇の伝統を引く洗練された喜劇がとくに高く評価されている。代表作は『花粉熱』(1925)、『私生活』(1930)など、乱れた男女関係を乾いた筆致で描いたもので、とりわけ後者は作者自ら演出と主演を兼ねて評判になった。ほかに『生活の設計』(1932)、『陽気な幽霊』(1941)、『現在の笑い』(1942)も有名。これらはいずれも簡潔で含蓄の豊かな文体と辛辣(しんらつ)な機知とに特徴がある。戯曲以外に歌曲多数、小説のほか『直説法現在』(1932)と『不定法未来』(1954)と題する2巻の自伝があり、死後の1982年に大部の日記が刊行された。1970年、サーの称号を受けた。

[喜志哲雄]

『加藤恭平訳『ノエル・カワード戯曲集』全2巻(1976、1977・ジャパン・パブリッシャーズ)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カワード」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カワードの関連情報

関連キーワード

フランス史(年表)リジェンダーイェーツチェーホフ[各個指定]芸能部門童謡誌おてんとさん自動車フィンランディアチェレプニンパテルノストロ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation