@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カンアオイ

日本大百科全書(ニッポニカ)

カンアオイ
かんあおい / 寒葵
[学] Asarum nipponicum F.Maekawa

ウマノスズクサ科(APG分類:ウマノスズクサ科)の常緑の多年草。カントウカンアオイともいう。茎は地に伏しごく短く、先端から暗紫色の長い柄がある卵状楕円(だえん)形で、基部が心臓形の葉を毎年1枚ずつ出す。葉の表面には普通は雲紋状に斑(ふ)が入る。なお、この葉に日本特産のギフチョウが産卵する。3枚の萼片(がくへん)は下半部で癒着し、鐘状の萼筒を形成する。萼筒の入口には環状に鐔(つば)が発達する。雄しべは12本で、短い花糸があり、子房の上に2輪に配列する。雌しべは6本で、花柱の背部が上方に角(つの)状に伸びる。子房は上位。10~12月に開花する。関東地方南部から静岡県東部、愛知県、三重県朝熊山(あさまやま)周辺の山地の林床に生える。地理的分化がみられ、2、3の変種が知られる。形態がよく似たアツミカンアオイは紀伊半島南部に分布し、葉の表面が著しく落ち込む。またスズカカンアオイは葉脈がわずかに落ち込み、表面に霜降り状の斑がみられ、静岡、愛知、三重、岐阜県に分布する。これらは2~3月に開花する。

[菅原 敬 2018年7月20日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カンアオイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カンアオイの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation