@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カンジダ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

カンジダ
Candida
空気中にいる真菌といわれるカビの一種。子嚢菌類エンドミケス目。酵母であることはわかっているが,まだ子嚢形成が知られていないいわゆる不完全酵母類の一属。カンジダ・アルビカンス C. albicansは病原性があり,皮膚,消化器官,呼吸器官,外陰部などがおかされ,カンジダ症が起る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

カンジダ(〈ラテン〉Candida)
カンジダ属に属する菌類の総称。真菌の一種。ヒトの表皮・口腔・消化器官内などに常在するが、免疫機能の低下などにより異常繁殖するとカンジダ症を起こす。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

カンジダ【Candida】
酵母に似た不完全菌類の1属。単細胞状の球形または卵円形をした,無色の,いわゆる酵母形をした状態のときには,出芽によって増殖する。この出芽細胞とは別に,真正菌糸および出芽による偽菌糸も形成する。酸化的分解作用のほか,発酵作用を有するものが多い。カンジダ症の主要な病原菌であるCandida albicans,石油資化性酵母C.tropicalis,飼料酵母C.utilisなどが含まれている。C.albicansはヒトや動物の口腔や皮膚そのほかの体内外から見いだされ,出芽細胞の大きさは4~6μmである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

カンジダ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カンジダの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation